2017/07/120 Shares

妻が中心にお金を管理!経費も家計も一括管理できますが落とし穴も

eyecatch01

自営業妻コミィです。

自営業家庭の場合、お金の管理は会社員家庭よりも難しいと感じます。収入が確実ではないので、お金がいくら入ってくるかというところから考えなければいけません。

自営業のお金は誰が管理するのが適当なのか?という観点から、「夫のみ」「妻のみ」「夫婦一緒」にと3パターンに分けて考えてみました。

一般的には妻が中心となってお金を管理している家庭が多いですよね。自営業家庭で、妻がお金の管理を主導して行う場合は、どんなことに注意したらいいでしょうか。

スポンサーサイト

妻が中心パターンの場合、妻の役割は大きくなります

電卓のアイキャッチ

妻が中心パターンの場合、 妻が経費も家計も管理して、夫におこづかいを渡すパターンになります。

わが家は私が仕事を辞めて専業主婦になってから、このパターンを経験しました。このパターンの場合、妻は自営業の経理をやる必要があります。簿記の知識なかった私ですが、パソコンソフトを使って、何とか経理をはじめました。

自営業のお金を管理する

妻が中心パターンの場合、妻がやることはたくさんあります。

 ・夫に材料費や接待費を渡す。

 ・会計ソフトなどで帳簿をつける。

 ・銀行へ行く

 ・取引先へ支払うお金の工面をする。

 ・生活費用のお金を工面する。

夫にはおこづかいの他に、自営業の仕事上かかるお金を渡さなければなりません。材料費だったり、接待費だったり。

おこづかいを渡して終わり!にならないのが自営業と会社員の大きな違い。その都度渡す場合も、まとめて渡す場合も、お金の動きが多くなるので、意外と面倒でした。

さらに、このお金のやり取りは夫婦ゲンカの火種になったりもします(涙)。

その都度渡す場合は、「またゴルフ行くの?」とか「また飲みにいくの?」など、どうしても小言を言ってしまい、毎回お互いに不愉快な思いになります。旦那様は付き合いだから仕方ないのに、お金をもらうたびに小言を言われたのではたまりません。

妻にしてみれば、毎日食費を10円、20円と節約しているのに、あっという間に1万、2万円と付き合いで出費がかさむと、イライラしてきます。

まとめて渡す場合は、夫が経費を使い込みしてしまう恐れがあります。一度、50000円を渡したら、6000円しか材料を買っていなかったことがありました。

44000円がお小遣いに消えてしまったのです。同じお財布に入れてしまったので、それほど悪意なく・・・いつの間にか使ってしまったよう(涙)。

付き合いの経費を節約しすぎると、次の仕事につながらなくなるのも事実。付き合いにお金を使いたい夫と節約をしたい妻の兼ね合いがとても難しいと感じます。

家庭の生活費を管理する

自営業のお金だけでなく、家計費の管理も大変です。

 ・税金・年金・国保のお金を準備する。

 ・不意の出費に備える(慶弔費・家電買換など)

 ・食費・日用品の節約をがんばる。

 ・光熱費の節約をがんばる。

 ・その他いろいろ。

「税金・年金・国保のお金を準備する」以外は、会社員家庭とほとんど同じです。自営業はボーナスないので、不意の出費の準備は特に重要になります。

家計管理は妻の腕の見せ所です。細かく節約をしていますが、経費に比べて金額が小さい!仕事上の経費で大きなお金を扱っていると、食費で10円、20円を節約していることが、バカらしくなることがあります。

その辺のモチベーションの保ち方が難しいと、私は感じました。

スポンサーサイト

妻が中心パターンはどんな家庭に向いている?

お財布のアイキャッチ

共働きで妻がフルタイムで働いている場合、銀行へ行ったりするのは時間的に大変です。わが家ぐらいの規模だったら、事務処理は休みの日にやれば何とかなりますけど、経理をするのは妻には負担になりそうです。

そうでなくても、共働きをしていると、休みの日には家事がたっぷりたまっています。自分のプライベートな時間も必要です。子供がいたら、休みの日はゆっくりと遊んであげたいし。

ですから、このパターンは妻に時間的余裕がある場合におすすめ。妻が外で働いていなければ、青色申告専従者になって、経理をしている分のお給料を夫の自営業からもらうことができます。

それから、妻がお金の管理が得意な場合におすすめ。夫が浪費家の場合にもおすすめ(苦笑)。

会計士サンとか税理士サンとかも開業している場合、自営業のお仲間です。こちらはきっと夫の方が、お金の管理に向いていることと思います。

家計と経費をキッパリ分けられない小規模な自営業の場合もおすすめ

わが家のように住まいと事務所が兼用の場合、電気代や電話代は分けられません。確定申告のときは1/3とか1/2だけ、経費に入れてきちんと分けますが、家計管理の上ではキッパリと分けられないのも事実。

夫婦どちらかが、まとめてお金を管理したほうが、お金の流れの全体がつかめると思います。

妻が中心パターンのメリット&デメリット

電卓とノートのアイキャッチ

私は経費の節約に力を入れたいことと思っていました。家計管理は節約中心でも良いのですが、仕事の経費は節約ばかりでは、次の仕事につながらないこともあるということを感じることがあります。コレって、節約好きに私には本当に難しいです。

「生きたお金の使い方」の使い方を考えるのが大変!

仕事のお付き合いというのは、夫の趣味の部分と大きく係わってくることが多いです。わが家の場合は、夫のゴルフ。付き合いなのか遊びなのか判別不可能です(涙)。

お酒が好きな夫だったら、接待と称して、必要以上に飲み会に出かけてしまうかもしれません。

経営を考えれば、付き合いだから仕方ないと野放しにするわけにはいかないし、ある程度は大目にみることも大切です。気持ちの大きな妻になりたいと思ってはいますが、理想通りにはならないものです。

夫がおこづかい制になることによって、仕事への意欲が薄れてしまうという心配があります。いくらがんばってもおこづかいは変わらない・・・と仕事をガツガツしなくなるということです。

このような行為は、家族を支える夫としてあるまじき行為です。しかし、どの会社にもやる気のない社員はいるものです。私も会社員時代に、給料泥棒といわれる方をたくさん見てきました。

降格したりリストラになったりする方もいましたが、会社に行きさえすれば基本給はもらえます。自営業ではそうはいきませんよね。すぐに収入減となってしまうのです。

夫のおこづかいを奮発できないことも多いのが現状。せめて、夫に感謝の気持ちを伝えることは大切したいです。

わが家の場合、キツイ仕事の後は、夫の好きなケーキを買っておいて、労をねぎらったりと気をつかいました。大きなお金をかけなくても、やる気を出してもらうことはできます。

わが家のように自転車操業の場合、毎月の資金繰りはとても神経を使うものです

お金の管理には自信があった私でも、この資金繰りは精神的にかなりキツイと感じました。妻がお金を管理する場合、この資金繰りも妻の担当になってきますが、こればかりは実際に仕事をしている夫と共同で対処していくしかありません。

支払いの金額や、収入の金額の情報を共有できるようにしましょう。すべて妻がやっているので、夫は何も知らないというのはとても危険です。

スポンサードサイト