2017/07/120 Shares

リビングに家族写真を飾っています!埃だらけの雑貨に猛反省

リビング写真

リビングに家族写真を飾っています。

スタジオアリスでは台紙付きやアルバムにはせずに、飾りやすいように写真単独で頼みます。それが一番安いので、節約にもつながります。

長男の入園を機に一眼レフカメラを購入したので、とっても素敵な写真が取れるようになりました。

気に入った写真が撮れると、2Lに引き伸ばしたりして、フレームに入れて飾ります。フレームはニトリで購入したプチプラで、フレームは白が好きです。

私が写真をリビングに飾るようになったのは、雑貨を飾るのを断念したことがきっかけのひとつです。

それでも、私は子供のときからインテリアに興味があって、雑貨を見たり買うのが好きだったの。出窓に雑貨を置くのを楽しんでいました。

131212-9

この写真はその出窓スペース。写真と一緒に、鳥カゴ&フェイクの観葉植物を飾っています。

実はこの鳥カゴ&観葉植物は今はありません。

夫に捨てられました。
「ほこりを掃除できない人は飾ってはいけない」
と言われながら・・・

こういう造花や観葉植物にはいつの間にかほこりがたまります。
ほこりに気づくことはありましたが、日常の風景にまぎれて気にならなくなっていました。
うちの夫はそういうところに気がつくタイプ。

捨てちゃうのはもったいない!と思って、
最初は掃除しようかと思ったけど・・・

やっぱり数ヵ月後にはほこりだらけになっているだろうなぁと、
たやすく予想できたので、
そのまま、夫に反論せずに処分してもらいました。

実家に帰えると、私の「鳥かご&造花」よりももっとほこりのついた造花がトイレに飾られています。

自分の家にあると日常の景色になってしまうから、
ほこりには気づかないものです。
たまに実家に帰ると、いろんなほこりが目に付きます。

私の母は、自称「きれい好き」ですが、
旦那さまの母(義母)は、誰もが認める「きれい好き」。
毎日窓掃除をするくらいのきれい好きです。
きれい好きのレベルが違うのですわ(笑)。

自称「きれい好き」の母の元で育った私は、
掃除の仕方が中途半端(母のせいだけとはいえないけど…)

捨てたときは勿体ない気持ちがしましたが、
実家にかえって、そこかしこにあるほこりの積もった造花を見てたら…
旦那さまに捨ててもらってよかったなぁと思えました。

私のようにほこりを掃除できないひとは、雑貨を飾ってはいけません。
かわいいものがたくさんあるけれど、形もまちまちでほこりの掃除は大変です。

夫に怒られなかったら、私はずっとほこりの溜まった雑貨を飾り続け、
いつか掃除をしなければと、心の中にもやもやを抱えながら生活していたことでしょう。
自分がほこりを掃除できない人間なのだと自覚できて、
雑貨を飾るのをあきらめてよかったと思っています。

何も飾られていない部屋というのも殺風景ですから、
私はリビングには写真を飾ることにしました。

雑貨よりも形がシンプルなので掃除は楽なんですけど、
写真にもほこりは溜まります。

私はそれを回避するコツを覚えました。
コツはフレームの数を増やさないことです。
本当に単純なことなんですね。きれいを保つコツというのは。

捨てられないタイプの私は、いい写真が取れるたびにフレームを増やしたくなってしまいます。

でも、わが家は小さな家。
そんなに飾る場所はありません。

フレームは増やさずに、中身を入れ替えします。
入れ替えるときは、ほこりの掃除をしますからね。
定期的にキレイになります。

わが家は子どもが3人いますし、
運動会やお遊戯会などではたくさんの写真を撮ります。

スタジオアリスでも1年に1~2回は撮影しているので、
次から次へと飾りたい写真が出てくるのです。

ほこりの掃除が苦手な私でも、ほこりが積もる前に写真を入れ替えして、
きれいな状態を保てるようになりました。

写真を飾ると子供たちはとても関心を示します。
自分が運動会でがんばった姿をみるのは、子供たちはうれしいようです。
できるだけ早くプリントして、タイムリーに飾るようにしています。

写真を飾ると、家族が仲良くなれるような気がするし、
お友達が遊びに来たときにも評判がいいのですよ。

私のようにほこりを掃除できない人は、雑貨ではなく写真を飾ることをお勧めします。

***

一眼レフで撮影した写真はネットでまとめてプリント注文しています。
愛用しているのはこの2社です。

しまうまプリント。操作が簡単で写真の出来もいいです。

↓↓↓



楽天写真館。楽天ポイントが使えて貯まります。

↓↓↓

どちらの注文にも楽天カードを使えばもっとお得です。

↓↓↓