2017/07/120 Shares

自営業の銀行口座は1つとは限らない!2行を使い分けすることに

eyecatch04

自営業妻コミィです。

銀行口座は仕事用と家庭用を別々にすることが基本ですよね。もちろん、どんぶり経理をしていたわが家の夫でもキチンと分けていました(笑)。

私が仕事のお金も管理するようになったはじめの頃は、仕事用と個人用の口座が使い分けられているから大丈夫だと思っていました。しかし、どうも不便なのです。

ずっとその1冊の通帳で管理していたのですが、私が経理をやるようになって、銀行口座をもう一つ増やしました。

銀行口座を使い分ける事によって、確定申告の記帳の手間が増えるかもと心配しましたが、お金の管理ややりやすくなったと感じています。

スポンサーサイト

今までのわが家の仕事用口座の状況

家計管理のアイキャッチ02

わが家は屋号のついた銀行口座を利用しています。この口座は、夫が独立するときに修行していた会社の奥さん(社長夫人)が
作ってくれたそうです。そして、独立資金の一部を無利子で貸してくれたそうですよ。

その仕事用の口座には、仕事のお金が出たり入ったり!夫が仕事をした取引先から入金があります。大体20日~月末にかけて振込されます。材料屋さんからの仕入れ代が月末に引き落としされます。

さらに、コピー機のリース代、電気代、電話代、携帯代、カート払いをしているガソリン代、プロバイダー代などなど。いろんな経費が引き落としされています。

夫の生命保険代やスカパー代・国民年金は仕事用とは別の個人用口座から引落されていています。

口座が一つだとお金の流れが分かりにくい!

私が経理をはじめると、仕事用の口座が1つにまとめられていると、お金の流れが分かりにくいと感じるように。それは、売上げや仕入れなどの大きなお金の中に、電気代や携帯代など小さなお金が埋没してしまうためだと分かりました。

電気代や携帯代などは月ごとにバラツキがある支出です。私は予算が余ったときには、オーバーした月のために、口座に残金を残しておきます。これは私が一人暮らし時代からやっていた方法です。

光熱費の節約はがんばっても数百円のビビたる金額。でも、ちょっとでも予算が残るとうれしいと思いませんか。そんなささやかな楽しみが、仕事用の口座では感じられなくなってしまったのです。

 
20日に50万円売上が振り込まれて、27日に30万円引落。
25日に80万円売上げ振り込まれて、外注先に支払うために60万円現金引き出し。

こんなお金のやり取りが常にこの口座では行われているので、口座残高も100万円を超えたり、ガーンと減ったりを繰り返します。

さらに売上げよりも支払いの多い月もあるので、光熱費が予算オーバーしたときのために取っておいたお金もいつの間にかどこかに行ってしまいます。これが、光熱費の予算がチョッとでも残ったら幸せと思う楽しみが消えてしまった原因に。

スポンサーサイト

自営業の銀行口座を使い分けるメリット・デメリット

電卓のアイキャッチ

銀行口座を使い分けるメリットとしてはお金の流れが把握しやすいということです。

電気代や携帯代など、会社員の家庭でもかかる費用は、私は家計簿で管理しています。経費で落としてはいますが、認められるのはその一部ですし、おなじ経費でも仕入れのお金とは性質の違うものです。

例えば電気代。大きなお金が動く口座から引落されると通帳を見て8000円でも10000円でもどうでもいいやって思ってしまいそうです。でも、家計簿をつけていると、2000円も違ったら原因はなんだろうって考えますよね。

節約したいと思う費用や、会社員家庭でもかかる費用などは、売上げや仕入れとは別の口座で管理したほうがベストだと思います。私は、個人用の銀行口座をいろいろと使い分けていました。車用とか積立用などなど。

それなのに、仕事用は1つで管理しようと思ったから混乱てしまったのです。仕事用の口座も目的別や経費の性質別に使い分ければ、私の悩みは解消。お金の管理の基本は、仕事用も個人用も同じということですね。

次にデメリット。銀行口座が複数あると帳簿付けが面倒になるのでは?と思いませんか。青色申告用のソフト(やよいの青色申告)を使って帳簿をつけていますが、通帳が2冊あっても入力の手間はほとんど変わりせんでした。入力したい通帳をクリックで1つで切り替えて、画面をかえるだけですから。

帳簿と通帳の残高を必ず合わせなければならないので、何冊もあるのもチェックが面倒です。わが家の自営業の規模の場合2~3冊でおさえるのがベストだと思います。

別々の銀行にお付き合いしておくことも大切です

自営業ですと大きな設備投資をするときには借金をしなければならないことも。わが家も何度か事業資金を借りていますが、自営業用のメイン銀行さんは地方銀行でお金を借りるのが大変なのです。手続きも審査も厳しい!

仕事仲間に紹介してもらってお付き合いを始めたのは地元の信用金庫さんです。手数料は高いのかもしれませんが、手続きの時も親身に教えてくれますし、最初の地方銀行さんよりは話がしやすい感じです。

いざというときに借金をできる窓口を2カ所持っておくという点でも、銀行口座を別々の金融機関に持っておくというのは大切だと感じます。

スポンサードサイト