2016/02/16

大きな出費をストレスなく支払うには?私はコツコツ積立大好き体質です

eyecatch07

自営業妻コミィです。夫は収入が乱高下する自営業を営んでいます。

夫は日々の生活に変化を求めるタイプですが、私は出来るだけ安定して暮らしたいと思っています(苦笑)。

そんな私にとっては、毎月同じ金額で暮らすことが安定生活の第一歩です。その月によってバラツキのある支出は、毎月同じ金額を積立てて準備しておくと安心します。

大きな出費に備えて積み立てすることは、自営業家庭でも会社員家庭でも、皆さんやっている方が多いはず。王道な方法です。

スポンサーサイト

毎月の積立に目覚めたのは学生時代!

私が毎月積立をするようになったのは、大学生のときでした。田舎住まいですので、公共交通機関(電車とバス)が使い物にならず、私は車で通学することになります。

1500CCの中古車を購入しました。自動車税は当時で35000円くらい。バイト代で月80000円ほど稼いでいましたが、35000円を5月に支払うのは大変だと気づきました。

そこで、月3000円1年満期の積立貯金を郵便局で始めたのです。毎月窓口に行って入金していました。1年後には36000円貯まっていて、自動車税を支払っても1000円おつりまでもらえました。

コツコツ積立したおかげで、大きな出費も簡単にストレスなく支払えたのです!

その後、私はコツコツ積立にはまりました。「4月は教科書や教材代が4~5万円かかるから」「ゼミ旅行代が10万円かかるから」などなど、先々かかるお金を想定しては、毎月積立をしていったのです。

先のことを考えて、計画を立てて計算するのが大好きな学生でした(笑)。

就職して社会人になると、給料日にお金を仕分けするのが楽しみの一つに!目的ごとに銀行口座を作って、わざわざ両替をしてから積立をしていました。

私のコツコツ積立大好き体質はかなりの筋金入りなのです。

スポンサーサイト

結婚後はノートの中で目的別に積立することに

結婚して子供ができてからは、銀行に行って両替したりする作業が面倒になってしまいます。そこで手間を省くために、一つの口座にまとめて積立して、ノートで積立金額を分けて管理したりと工夫していました。

結婚5年目で思うところがあってお金の管理を夫にお任せしましたが、うちの夫はコツコツ積み立てるということをしないので、見事に毎月の増減する支出に振り回されています。夫はそれがストレスではないようなのですが・・・。不思議な人です。そのうち痛い目を見ると思います。

目的別の積立内容は?

車用積立 車検・修理費・自動車税・自動車保険料
保険の年払い用 医療保険・火災保険・学資保険
家電買換と慶弔費用 家電製品の買換・結婚祝い・お香典・父の日・母の日など

特に気をつけているのは、「家電買換用・慶弔費用積立」です。最初は「特別費用積立」という名前でした。

この特別費ってあいまいな名前ですよね(笑)。あいまいな名前のせいで、旅行にお金をつかってしまったり、食費の赤字補填に使ってしまった経験があります。ナンにでも使っていいお金と錯覚してしまったのです。

こうなると、ずるずるとお金を使ってしまい、なかなか貯まりません。そのときの反省をふまえて、積立の目的は具体的に設定することにしました(苦笑)。

それから、これから私がやりたいと思っているのは「家族旅行用積立」と「子供用積立」。自営業家庭の生活はギリギリになりやすいので、どうしても家族旅行は後回しになってしまいます。

家族との時間はストレスなく楽しみたいので、家族旅行は積立で準備したい!急な出費のためだけではなく、楽しむことにもお金を使いたいと思います。

「子供用積立」は、将来の学費とは別の積立。例えば、4月など入学(園)、進級があるとお金がかかりますよね。そういった、細かい子供のお金に対応する積立があれば安心です。

わが家は3学年差で3人ですから、入卒園が重なってくることが決定しています。特にこの積立は大切だと思います。

自営業家庭は小さな積立で 大きな安心

自営業家庭だと、「収入が少なくて、さらに運転資金の余裕もない」という状況になることがあります。わが家は建築業なので季節や天気に左右されてしまうことも多いです。

毎月の積立をできないことも多いのですが、それでも積立は大切だと感じています。休んでも次の月からまた積み立てればいいのです。

特にボーナスのない自営業家庭では一度にまとまったお金を用意するのは大変です。心穏やかに安定した生活を送るためにも積立する考え方は必須です。

わが家の夫は、こういう小さな積立のよさをまったく理解していません。収入の乱高下を楽しんでいるのでは?と思うことも。確かにがんばったときに収入が上がるのはうれしいでしょうね。

わが家の場合、毎月のやりくり費の予備費なんて月3000円づつの積立だったりします。夫はこの3000円を馬鹿にしますけどね。

気にしません。このコツコツ3000円のおかげで、急な支出に対応できるのです。

夫に振り回されずに、自営業の収入の乱高下にも振り回されずに、私は積立大好き体質を維持していくのです!

スポンサードサイト