2017/07/120 Shares

仕事用の小口現金を準備!家庭用と分けて混同しない工夫とは

eyecatch04

小口現金とは仕事用に使う毎日の細かい出費をまかなうものです。私が以前勤めていた職場でも、営業所の備品を買うのに本社から預けられていたお金を小口現金と呼んでいました。

この呼び方がなじんでいるので、わが家でも仕事用のお金のことを小口現金と呼んでいます(笑)。

スポンサーサイト

小口現金を準備したきっかけ

一人親方の自営業の場合は、夫のお財布が小口現金という家庭も多いかも。わが家でも夫は公私混同というか分けるつもりすらなかったようです。

結婚当初、おこづかいと経費を混ぜこぜで使っている夫に経費を別に用意することを勧めてみたことがあります。主婦でいう「袋わけ管理法」です。経費と称しておこづかいをムダ遣いできないようにする狙いもありました。

しかし、多くの主婦の方が「袋わけ管理」に挫折しているように、夫もそんな面倒なことはできないの一点張り。さらに、夫はおこづかいをムダ遣いしているという自覚がなく、お財布からお金がなくなるのは、材料を仕入れたりして、経費を使ったからだとしか思っていないのです。

そんな状態だったので何とか経費のお金を分けて管理できるようになるチャンスを狙っていたのです。

私が仕事を辞めて、専業主婦になってから、夫から銀行へ行く用事を頼まれることが多くなりました。取引先から振込みがあったかどうか確認するために通帳に記入してきてほしい、とか仕事の材料を現金で買わなければならないから、お金を下ろしてきてほしいとか(おこづかいがなくなったからだと思いますが・・・)。

DINKS時代は時間が自由になる夫が銀行へ行っていましたが、男の人はこういう用事は面倒くさいと思うことが多いようです。
旦那様もその一人。これはいい機会と、小口現金を準備することを提案しました。

「家計と経費のルール作り」で決めた、経費を精算するために、月初めに5~10万円の小口現金を用意しておくことにしました。

夫が仕事の材料を買ってきたときには、領収書と引換えに代金を渡します。1000円札と小銭を十分に用意しておかなければなりません。

さっと、お金を精算できたら、夫に自分で銀行へ行くよりも便利だなぁと思ってもらえます。小口現金の必要性を実感してもらるわけです。ここはわが家ではかなり重要ポイントです(笑)。

今回は、面倒なお金の管理は私が行うので、旦那さまは小口現金の準備に賛成してくれました。

小口現金により経費とおこづかいの境界がはっきりすることになるので、夫も自分のムダ遣いを自覚してくれることでしょう(笑)。

小口現金の準備なんて、経理上では初歩の初歩。これを導入するのに、開業してから10年。結婚してからも2年の月日がたっていました。基本が大切と実感です。

スポンサーサイト

小口現金を管理するコツ

私はお金の管理には自信があったし、自分の家計管理では袋分けも財布分けも経験がありました。慣れていたつもりでしたが、
やはり大きいお金が動くので大変だなぁと思うこともあります。

家計管理では、月初めに予算を袋に入れたら、後は出て行くお金を管理するだけです。しかし、仕事用の小口現金には夫が現金で集金してきたお金が入金されます。さらに、仮払いといって、数日間立て替えるお金があったりと、家計管理とは違った面があり、お金の出入りが激しいのが特徴です。

私が注意しているのは、必ずお金の出入りの足跡を残すことです。領収書と引き換えに夫にお金を渡すときは、領収書という証拠が残ります。夫に立て替えるお金を渡すときは、なんの証拠もありません。

うちの夫は朝の忙しい時にお金の請求をしてきます。出発前ギリギリのときに、「あっ、お金ちょうだい、材料を買いたいんだ」なんてことがしばしば。そんなときには、お金の金額だけでもメモした紙を入れておきます。そうすれば、数日後でも何とか記憶の糸をたどって思い出すことができますから。

正式には出金伝票や入金伝票を使うのですが、わが家の場合はポストイット(付箋)で代用です(笑)。自分で分かれば言いだけですから。複数の方で管理する場合には正式な伝票のほうがおすすめですが。

小口現金は旦那さまが自営業をはじめたときに買った金庫に入れていました。しかし、金庫では取り扱いが面倒なので、今はポーチに入れています。

↓ このポーチです。お札が折らずに入る大きさ。

141113-2

中には、現金出納帳かわりのメモ帳。小銭がバラバラにならないように小銭入れ。すぐにメモできるようにポストイットを入れています。時間があるときは、メモ等に記入しますが、忙しい時はポストイットに殴り書きです(笑)。

現金出納帳はきちんとしたノートにつけようかとも思いましたが、パソコンソフト「やよいの青色申告」に入力すれば、キチンとしたものがプリントアウトできるので、ポーチに入る小さなメモ帳にしました。

一緒に入れておけば、捜す手間がはぶけますし、書くのが面倒だなぁと感じなくて済みます。入金のときは「+」マーク。支出のときは「-」をつけて、特に罫線もない真っ白な紙に適当に書いています。

家計管理でも同じことが言えますが、袋わけ管理を上手くやるコツは「必ず証拠を残すこと」。私も家計費の場合袋ごとに貸し借りをしてしまうことがありますが、証拠(レシート)があるので精算できます。

小口現金の場合は証拠がないことが多いので、すぐにメモをできるように工夫して乗り切っています。

***

2014年11月改定

2014年現在、私は夫の自営業のお金を管理することから手を引いています。この記事は自営業妻の方の参考になりそうなのでそのまま掲載することにしました。

スポンサードサイト