2017/07/120 Shares

生活費と経費の仕分け方は?経費もまとめて把握する工夫

eyecatch07

わが家の自営業は一人親方で夫が一人でやっています。妻は青色事業専従者として帳簿付けを手伝っていますが、実際に作業をしているのは夫一人です。

小規模な自営業なうえに、自営業の倉庫と事務所は自宅の一部なので、生活費と経費をキチンと分けられないのが難しいところです。

スポンサーサイト

マニュアル通りではお金の管理はできなかった

自営業妻になったばかりの私は、経理等のマニュアルどおりにすれば、きっとうまく管理できると思っていました。勘定科目ごとに経費を管理し、総収入から経費を引いた残りで生活すればいいと単純に考えていたのです。

しかし、私が仕事のお金を管理するようになり、旦那様から経理を引き継いだ後も、生活費と経費をはっきり分けることができず、家計管理はやりにくいままでした。

仕入れのお金は翌月に払うのに、集金になるのは3ヵ月後なんていつものこと。半年以上先のこともあります。

単価の高い商品を扱うと、運転資金だけでは足りずに、貯金から立て替えなければいけないことだってあります。借りたり返したりが頻繁に起きるのです。

管理ができないのは会社の経理をいい加減にやっている旦那様のせいかなぁとも思っていましたが、それだけではないと思うようになりました。

確定申告用の帳簿と家計管理は別物だと割り切る

いろいろ考えて試した結果、わかったのは会社の経理は確定申告用と割り切ること。電気代の1/3が経費で2/3は家計、という風にバラバラに記入するのは、家計を預かる主婦として面倒なことこの上ありません。

もちろん、確定申告用にきっちりと会社の経理は行いますが、家計管理は、もっと実際のお金の流れに沿ったものにする必要があります。

同じ銀行口座で管理しているものはまとまっていたほうが、入金すべき金額や口座残高がいくらあればいいかが把握しやすくなります。

スポンサーサイト

自営業の経費として考える費目

仕入れ代 わが家の仕入は買掛金で翌月末に現金払い。
   ホームセンターで購入することもアリ。
外注代 公的な書類作成をたのむことが多い
アルバイト代 忙しいときにたのむ。日当を当日に現金払い。
   お昼代やお茶代も負担あり。
切手・印紙代 切手や印紙はプライベートでは使わないので。
   200円印紙をよく使います。
接待交際費 お中元・お歳暮代など。

経費にもなるが生活費として考える費目

光熱費 電気代は家事按分しているが全額生活費して考える
通信費 固定電話代・携帯電話代・プロバイダー代。
   ほぼ経費扱いできるが全額生活費として考える
   楽天カード払いで自営業口座から引落。 
ガソリン代 経費扱いできるが全額生活費として考える
   コスモカード払いで自営業口座から引落
夫の作業着 経費扱いできるが
   会社員なら仕事着は生活費から出すため。
あんしん財団会費 労災の変わりに加入している仕事中の損害保険
   経費扱いだが、自営業口座の引落のため管理上。

銀行口座引落のものは生活費として考える

銀行口座引落のものはまとめて管理したいので、家計費としました。
それだけでなく、節約したいと思うものは家計費にしています。会社の経費だと思うとムダづかいしそうでしょ(笑)。

会社員の家計でも必要になりそうな費用は家計費にしました。作業着は経費として認められますが、会社員のスーツは自己負担ですから。

銀行口座で支払っているお金を生活費としてひとまとめにしたことで、ひと月に必ず必要になるお金がはっきりしました。自営業用と生活費用は銀行口座を分けていますが、自営業用の口座のなかには、家事按分している光熱費や通信費があって、100%自営業の経費ですといえない状態でした。

もうすべて生活費として考えて、家計簿に記入することにしてすっきりです。

毎月かかる経費は生活費として考える

自営業の帳簿付けをすることになって、何度も収入がない月、マイナスの月を経験しました。

まったく収入がない月でもかかってくる経費は、生活費だと思っておいたほうがいい。そのほうが、通帳の残高を見ながら「後2ヶ月収入が途絶えたら、生活ができないぞ!」などと先の見通しがはっきりします。

「自営業の経費だから仕方ない」と思っていても、収入がなければ個人の貯金から補填するしかないのが自営業です。経費と生活費がキレイに分けられるはずがないのです。

自営業関連の書籍では、「経費と生活費を分けましょう」と書いてありますが、分けられないのです。開き直りました。生活するために一ヶ月にかかる費用を知りたいわけだから、経費になるものでも生活費と考えて、まとめて把握するのが分かりやすいと思います。

スポンサードサイト