2015/09/260 Shares

自営業家庭の金融機関とのつきあい方は?銀行よりも信用金庫が頼りになりました

eyecatch05

ネットバンキングを利用し、パソコンで振込をしたりしている私が、なんと信金さんとローカルなお付き合いをすることになってしまいました(笑)。まだ、こんなサービスをやっていたのねぇ・・・と驚きです。

何を始めたのかというと、毎月1万円の積立。それも、担当のお兄さんがわが家まで集金にきてくれるのです。

い・ま・ど・き、集金ですよ!

スポンサーサイト

毎月集金に来たときに、わが家はチェックされている!

一般の会社のように、誰かが必ずいるというわけではないので、集金に来てもらって不在だったら、申し訳ないなぁと思っていました。

2ヶ月が経過しましたが、2回とも集金で不都合はありません。不在でも何度も来てくれます。いつも、バイクにのった信金のお兄さんとよくすれ違うのです。ベビーカーで散歩しているときや、車で出かけたときなど。

担当エリアが狭くて、いつもわが家の近辺をウロウロしているようです。1回や2回、不在で集金できなくても、あんまり手間はかからなそうな感じです(笑)。

この積立を薦められたのは、運転資金を借りたとき。借金をするほどお金に困っているのに、積立なんかできないと断ること数回。

しかし、信金のお兄さんは、ことあるごとにやってきて積立を薦めるのです。お金を借りている手前、無下にはできず・・・。ついに、1万円ならと積立をすることになってしまいました。まあ、高価なものを売りつけられたわけではないので損はしないのですが、利回りはとっても低いです。

普通預金並みですねぇ。もしかしてそれ以下かも。信金さんとのお付き合いですから、よしとしましょう。

その後、借金をすると積立を勧められるということが自営業仲間の間で話題になったの。貯金できないから借金するのにね~!と笑い話になったのです。

集金の時に、「景気はどうですか?」なんて世間話をして、「7人乗りのワンボックス車が欲しいなぁ(←もちろん夢の話)」と私が言うと、すかさず「自動車ローンもウチにご相談ください」なんて信金のお兄さんのお言葉。

こうやって、面倒でも集金に回ることで、いろんな情報を得ているのが分かります。「事業をしていて資金繰りが上手く行かずに夜逃げをした」なんてドラマのワンシーンのようですけど、自営業をしていると身近に感じてしまいます。

自営業が上手く行っているかどうか、借金をキチンと返してもらえるように、私たちはチェックされているのです。積立はそのチェックの口実なんですよね。よく出来たシステムだなぁと感じてしまいました。

スポンサーサイト

私だって信用金庫さんから情報収集してやるわ!

私が旦那様のどんぶり経理のせいで節税ができないと嘆くと、節税しすぎて所得が少なすぎると、金融機関としては融資が出来ないので困るんですよね~と回答。

フムフム、そうか、収入を抑えすぎるのも信用上、良くないこともあるのかと納得。私も信金のお兄さんから情報収集です(笑)。

子供が小さいと出掛けるのが大変だから集金って便利!と最初は思いました。でも、借金を返済している口座へ、毎月ATMで入金しているので、なんとなく二度手間な感じは否めません。

ネットバンクの便利さを知ってしまうと、信金の地元密着の良さがあんまり感じられないんですよね。

もう、運転資金を借金することはないと思いますが(思いたいのですが)、旦那様が自営業をやっている限り、設備資金など融資をしてもらう機会はついて回ります。今後のためにも、ローカルな信金さんと仲良くやっていきたいと思っています。

スポンサードサイト