2017/07/120 Shares

浪費家&貯金ができない夫も小銭貯金に挑戦!使い道は家族旅行でした

結婚5年目にして、小銭貯金を馬鹿にしていた夫も500円玉貯金を始めました。私が小銭貯金で貯めたお金で家族旅行に行ったことがきっかけになりました。

思い切って、小銭貯金で旅行に行ったかいがあります。

コツコツ貯めたりするのが苦手な夫ですが、旅行というごほうびがあって、子供たちが楽しみにしていると思うと、貯金箱にお金を入れるのが楽しいようです。

スポンサーサイト

浪費家には小銭貯金があっている?

夫は貯金が苦手で、あればあるだけ使ってしまう浪費家さんなので、貯金箱は缶きりで開けるタイプを使用しています。

この貯金箱は、家族旅行のときに、旅館の夏祭りで、長男が投げ輪でGETしました。旅行から帰ってきたら、来年用の旅行代を貯金箱で貯めようとおもったようです。

夫は500円玉をいれているようです。私は家計簿をつけていて財布の残高を確認しているので、500円玉貯金は難しいというか無理。私にとって500円は大金だし。夫は財布の残高なんてあわせてないので財布にある500円玉はみんな貯金箱に入れてしまいます。

私は小銭貯金の中身を両替しながら使えるけど、夫は両替なんて面倒だし、つい小銭を使ってしまいそうなので、缶きりタイプの貯金箱があっています。いくら貯まっているか確かめられると使ってしまいたくなるようですから(笑)。

1年で7万円もたまるほどのハイペース。家族みんなで500円玉を数えるのは結構楽しい作業です(笑)。折りたたんだお札まで入っているところが夫らしいです。

たくさんの500円玉は、いつもお世話になっている信金のお兄さんにたのんで通帳に入金してもらいました。月に1回定期預金を集金に来るのでその時にお金と通帳を預けて、翌日に記帳した通帳を届けてくれます。手数料はかかりませんでした。

スポンサーサイト

自分にあった小銭貯金を。

同じ小銭貯金でも、やり方や貯金箱の選び方はそれぞれなんですね。

私はマス目を塗りながら達成感を感じるし、夫は開けられない貯金箱なら続けられます。

こつこつ貯めたお金で、家族の記念に残るようなことにお金を使う。貯金が苦手な夫も、楽しい目的があると小銭貯金は続けられるようです。家族も期待しているしね。

わが家は自営業なのでボーナスはありませんから、楽しみのための予算というのは取りにくい環境です。

収入も不安定なので、私のお金の管理はいつも守りに入ってしまいます。どうもそれは夫にとっては窮屈に感じるようなので、家族が楽めることに、小銭貯金を使うことにしています。

わが家の小銭貯金は暮らしに潤いを与えてくれています。

ブログでもそのときのことを記事にしています。
>>夫の小銭貯金で夏旅行!
スポンサードサイト