2017/07/120 Shares

貯金が自営業の運転資金に消えてガッカリした経験から学んだこと

eyecatch02

自営業妻コミィです。

せっかくコツコツと積立したのに、仕事が途切れれば生活費の補填に回ってしまいます。

貯金していたおかげで、何とか家族で生活できるわけですが、貯金はなくなってしまいます。今まで積立した自分を褒めたい気持ちと、それを使ってしまったガッカリ感。

自営業妻の方なら誰もが体験したことがあると思います。

スポンサーサイト

年100万円を貯めたいとがんばったのに!

電卓とノートのアイキャッチ

「1年で100万円貯めたい」そう思い、毎月の生活費の予算を組もうとしていた時期があります。自営業にはボーナスがありませんから、100万円貯めるには月々84000円貯めなければなりません。

収入が少ない月に84000円を貯めるのはチョッと大変。というか無理!

今月は貯金の金額を減らして、来月以降に穴埋めをしよう。なんて計画をたてても、翌月も収入は少なくて・・・さらに、貯金を崩さないと支払いができない、ということもあったり。

自営業家庭のわが家では、毎月同じ金額を積立てるのは無理!と実感したわけです。貯金をしようと思うことがストレスになり、家計管理のストレスと合わせて、「自営業なんて嫌!」思っていました。

自営業だと本当に貯金はできないか?

ハリスツイードのポーチ

夫はよく、「自営業だから貯金はできない」といいます。大きな設備が必要になると、借金をして買うのがが当たり前だと思っています。

毎月の収入は大きく増減していますが、年収で考えると、生活が成り立たないほど少ないわけではありません。自営業だから貯金はできないというのは、夫の言い訳だと感じるようになりました。

でも、まったく夫の言い分が間違っているわけでなくて、毎月の決まった金額を貯金することや、貯金の王道「先取り貯金」にこだわりすぎることは、自営業家庭には向いていないのではと思います。

月5万円とか、年間100万円とか、目標を立てることは大切。でも、自営業の場合、短い期間の目標は達成できないことが多いので、だんだんとやる気がなくなってしまいそうです。

スポンサーサイト

毎月の目標は大切!でももっと大きなスパンで考えみる!

月5万円貯めるという目標は自営業の場合はちょっと無理。でも、目標は無駄とはいえません。1年後、3年後、5年後と長期でこれくらい貯めたいという目標は必要です。

特に、自転車操業の自営業はその日暮らしになりやすいし、目標がないと享楽的な生活になってしまいそう。夫は今がよければいいという考え方なので。

わが家の場合、1年間の目標だとばらつきがありそうですが、3年位の期間があれば、結果が出そうな感じです。その年はダメでも、次の年に貯金できるかもしれません

収入が少ない年には、それまでに貯めた貯金を使いながらの生活になることもあります。貯めた貯金を使うのはつらいことです。今までの努力が無になるような感じ。

でも、「貯金をしておいたから、なんとか生活していける」そう思うことも大切。でも、貯金はできるだけ守ることも大切!矛盾しているけど、これをバランスよくやっていくのが自営業家庭なのだと感じます。

毎月の収入や貯金額に振り回されると、がっかりしたりハイになったりと、貯金ストレスが発生します。

日々の小さなお金に目を向ける

なかなか貯金ができないときでも、日々の節約ややりくりによって小さなお金を貯めることが出来ます。

↓ 1~300までのマス目を塗り終わると2万円貯まります。

小銭貯金

近所の方から野菜をもらったら100円、お下がりの洋服をもらったら300円、という風にいただいたモノを自分で買ったつもりでお金を貯めるのです。

参考 小銭貯金は「買ったつもり」「なかったつもり」で!【つもり貯金】

微々たるお金ですが、2万円貯まると達成感です。年100万円貯まらなくても、貯金の達成感は味わえます。

私はこういう日々の積み重ねに楽しさとやりがいを感じるタイプのようです。夫に馬鹿にされることも多いのですが、私らしくお金と向き合っていけば、きっと貯金はできるはず信じることにしました。

なかなか、すぐには結果が出ない自営業家庭の貯金。長期で目標を考えて、やる気を保っていきましょう。自営業で収入が不安定だからとあきらめないことが大切なんですね。

あきらめたらいけません。どんな小さなお金でも、それがいずれは大きなお金になるのです。チョッと自分に言い聞かせてみました(笑)。

スポンサードサイト