2017/07/120 Shares

夫が中心にすべてのお金を管理!妻は生活費だけ受取るパターン

eyecatch01

自営業妻コミィです。

自営業家庭の場合、お金の管理は会社員家庭よりも難しいと感じます。収入が確実ではないので、お金がいくら入ってくるかというところから考えなければいけません。

自営業のお金は誰が管理するのが適当なのか?という観点から、「夫のみ」「妻のみ」「夫婦一緒」にと3パターンに分けて考えてみました。

その中から今回は、自営業のお金も家庭のお金も夫が中心になって管理する方法についてです。

自営業の場合は夫がお金の管理をしたほうが上手くいくことも多そうです。

スポンサーサイト

夫が中心パターンの場合、自営業妻の役割は?

電卓のアイキャッチ

夫が中心パターンの場合、夫が全体のお金を管理してくれるので、妻は食費や日用品などの現金支出のみを管理します。

わが家のように、住まいと事務所が同じで、小規模な自営業の場合、電気代や電話代など銀行口座から引き落としになるお金は経費の中に含まれてしまうことが多くなります。おのずと食費などの現金支出のみが妻の担当になるわけです。

夫が中心パターンの場合、妻がやることは実にシンプル。

まずは、自営業の仕事関係から。これは、実際に仕事をしている夫にすべてお任せ。夫に頼まれれば、銀行へ行ったりするくらいでしょう。会計ソフトの帳簿つけは、、領収書を入力するくらいならできそうです。

次に、家計です。現金で支出する食費・日用品などを管理するだけ。

税金や不意の出費のためのお金は、仕事用口座とは別に管理したほうがいいので、夫にそうしてもらうか、夫からお金を受け取って、積立しておくといいかも。

夫が中心パターンはどんな家庭に向いている?

どんな家庭に向いているかとうと、共働きをしていたり、子育てに手間がかかったりする場合。妻が仕事の経理をできない場合はこちらのパターンになります。

夫がお金の管理が得意な場合におすすめ。わが家のように、建築系職人サンの中には、お金の管理が得意です!という方はあまりいないような気がしますが、会計士さんや税理士さんなどの自営業なら、夫の方がお金に興味があって、管理が得意ということも。

妻が浪費家の場合もおすすめ(笑)。夫の友人家庭がこのタイプ。奥様が一度に20万円分もお化粧品を買ってきたり、訪問販売で50万円もする浄水器を取り付けてしまったり(苦笑)。

私も何度かお会いしたことがあります。派手な服装をしているわけでもなく、ブランドバックを持っているわけでもないので、この話を聞いたときには驚きました。見かけでは分からないものです。

そのお宅では家計管理はご主人のがやっています。というか妻から取り上げたらしいです。

家計と経費をキッパリ分けられない小規模な自営業の場合もおすすめ。わが家のように住まいと事務所が兼用の場合、電気代や電話代は分けられません。

確定申告のときは1/3とか1/2だけ、経費に入れてきちんと分けますが、家計管理の上ではキッパリと分けられないのも事実。夫婦どちらかが、まとめてお金を管理したほうが、お金の流れの全体がつかめると思います。

スポンサーサイト

夫が中心パターンのメリット&デメリット

電卓とノートのアイキャッチ
 
妻としては、お金のストレスから開放されるというメリットがあります。特に食費の節約など小さなお金の管理は得意でも、大きなお金の管理は苦手という妻も多いかと思います。

投資などは男性の方が興味があって、長けているということもありますから。わが家のように夫が浪費家で経費を隠れみのに、いろいろとムダ遣いをしてしまう場合は、夫にお金の管理を任せると大変なことになります。

ただ、わが家は旦那さまが親から受け継いだ自営業ではなく、自分で始めた自営業です。自分ではじめたことですから、経営にまったく無頓着というわけではありません。収入が足りなくなれば、自制してムダ遣いはなくなります。

問題は、旦那さまに任せていたのでは、収入が多いときでも貯金をすることができないということ。これが一番の悩みです。

小さな自営業ならば夫に任せるのが理想的かも

この夫中心のこのパターンですが、私は結婚前はこんなの嫌!と思っていました。自分で何でもやりたいタチなのです。ですが、妻中心パターンを経験した後は、自営業家庭ならこれもいい方法だと思うように。

資金繰りのストレスや、収入の増減のストレスから開放されるからです。私の趣味である貯金が自分の裁量ではきなくなってしまいますが、食費を節約できればこつこつと積立ができますし、パートをすればお給料が入ります。

妻中心パターンでは、いろいろやりくりしたお金も、生活費に補填されて消えてしまうこともあるでしょう。自営業のお金のストレスから開放される点は、妻にとって夫中心パターンはよいと思います。 

妻のヘソクリとお小遣いが上手くいくカギ

160121-15

デメリットとしては、妻のやりくりが予算オーバーしてしまったときに、夫に内緒で!とは行かない点でしょうか。

食費や日用品のお金は予算を少し多めに設定してもらるといいですね。特に食費は誕生日やクリスマスなどイベントがあると予算オーバーしてしまいます。体調が悪いときにも、お弁当や出来合いのお惣菜なので予算オーバーすることに。

少し多めに予算をもらって、残ったお金はコツコツ貯めておくと対応できそうです。妻が自由にできるお金が少ない分、小さなヘソクリがあると、気持ちに余裕が生まれます。

夫が中心でお金を管理した場合、夫が女性の必要経費(美容代・服飾代)に理解がないとつらくなります。妻にもおこづかいを設定したほうがよさそうです。

うちの夫は私がおしゃれをすることについては大賛成なので、洋服が欲しいとか美容院に行きたいとか言えば、その都度、お金をくれると思います。中には、本当に倹約家の夫もいて、いろいろと理由を並べなくてもならないことも。(先輩の夫がそうなのです。うちの夫とは大違いですが、どちらがいいかは微妙)

化粧品一つで夫にお伺いを立てるのも面倒なことです。余裕を持った予算設定と、妻のおこづかいの設定が大切です。

夫がお金の管理をすべてやってくれている場合でも、妻は自分たちの暮らしにいくら必要なのかは把握しておく必要があります。夫が病気で入院してしまうこともあるでしょうから。

仕事用の口座から引落されている、毎月必ず必要なお金については把握しておいたほうがいいです。

それから、自営業をしていれば、資金繰りで困ってしまうこともあります。夫がそれを自分一人で抱え込んでしまうかもしれません。取り返しがつかなくなる前に、夫が妻に相談しやすい雰囲気を作っておくことも大切です。

私は食費さえもらえれば、他は関係ないわ!ではなく、夫の仕事のことやお金のことを気にかけてあげたいですね。

スポンサードサイト