自営業紹介

うちの旦那さまのお仕事について紹介します。
自営業でもいろいろなお仕事がありますからね。
うちと同じ~と思ってもらったり、
うちのほうがマシかもなんて思ってもらったりできるように、紹介しま~す(笑)。

旦那様のお仕事は水道屋さんです。
建築関係の職人さんです。
一人親方なので、従業員はいません。

水道屋さんはどんな仕事をしているかというと。
例えば新築の現場の場合にはこんな感じ。

・道路から家まで水道管をひいてきます。
・水道が使えるように役所に書類を提出します。
・家の基礎工事が始まると、キッチンやお風呂場・トイレに給水・排水工事をします。
・家の内装工事が始まると、トイレなどの器具を設置します。
・家が完成すると、きちんと水が流れてくるか確認します。

新築の場合は、家作りの最初から最後まで、ずっと係わることになります。

旦那様に言わせると、
水道屋さんは基礎屋、大工、内装屋さんなどとすべとの職人と係わる点が大変とのこと。
職人同士、仲良く連絡を取り合えるようにしておかないと、
給水工事をする前に、床を張られてしまい、作業がしずらくなったりするそうです。

他の職人さんといかに仲良くするかがカギということですね。
職人の和で次の仕事を紹介してもらえることもあります。
10時休みや3時休みに缶コーヒーをおごりっこするのも仕方がないとのことかな・・・
飲み物代は多めにみてあげますから、経費で落とせるように、
自動販売機ではなくコンビニでレシートもらって来てくださいな(笑)。

新築のほかにもリフォームも扱います。
水周りのリフォームでは水道屋さんは大忙しです。

古いお風呂場を壊す「はつり」という仕事も水道屋さんがやります。
コンクリートやブロックを壊すのでかなりの肉体労働です。

この仕事をやった日には、私は必ず腰をマッサージするように頼まれます。

給湯器の設置も水道屋さんがやることがあります。
ガス給湯器はガス屋さんも取り付けしますし、エコキュートは電気屋さんも取り付けします。
でも、水道屋さんならどちらも取り付けできます。
どの給湯器にしようかまよっているなら、水道屋さんに相談してくださいね。

その他の仕事としては、水漏れや蛇口交換などの小さな修理があります。

新築・リフォーム・修理のどの仕事も大工さんに頼まれてすることがほとんどです。
つまり、下請けですね。
一般的に、住宅に不具合がでたら、大工さんに相談するしますよね。
大工さんが判断して、水道屋さんや電気屋さんを手配してくれます。
仕事がくるかどうかは、大工さん次第。
大工さんがお仕事を取れないと、旦那様のお仕事もなくなります(涙)。

旦那様は人に使われるのが嫌で独立して自営業を始めたそうです。
独立のきっかけは修行していた会社の社長さんと意見が合わなかったからですし。

その旦那さましみじみ言いました。
「人に使われるのが嫌で水道屋になったけど、結局、今は大工に使われているんだなぁ・・・」
ですって。

大工さんだって、お施主様(お客様)の希望にそって仕事をしているのだから、
人に使われるのは皆同じだと思うんですけど・・・

新築やリフォームは大工さんから頼まれることがメインですが、
修理は直接お客様から頼まれることも多いのではと思いませんか。

うちはタウンページにのせたり、広告を出したりしていないので、
お客様から直接という仕事はほとんどありません。
でも、これからはお客様から直接修理を依頼してもらえるようになれたらと思っています。
下請けだけでなく、元請けの仕事も増えれば、収入が安定していきますので。

その点を強化しようと、妻の私はホームページを作ったりして、
バックアップしているわけです。

実は、私は二級建築士やインテリアコーディネーターなど、建築系の資格をいくつか持っています。
それを生かせば、新築は無理でもリフォームくらいは元請けできる環境なのです。

でもね、リフォームのように大きな仕事を元請けするのは大変。
お客様とキッチンのデザインや、インテリアの相談をするのは、
お客様がお時間が取れる、休日や夜が多くなります。
子育て中の私には時間的に難しい・・・

さらに、リフォームになれば、動くお金も大きくなります。
工期が長引けば、立て替えるお金も大きくなり、十分な運転資金が必要です。
慎重派の妻としては躊躇してしまうのです。

旦那様は手広く商売しようぜ!と気軽なことを言ってきますが、
私は下請けを中心に、修理は元請けを増やしていくというスタンスを望んでいます。
子育てが一段落したり、運転資金に余裕ができたら、
仕事の幅を広げるのもいいかなぁ。とは夢見ていますが。

旦那様とリフォーム屋をはじめる!夢としてはいいかもしれない。けど、今は無理!ですね。
地道に足固め中です。

最後に、いろいろな補足を。

建築関係の職人さんは、基本は日が暮れるとお仕事終了です。
旦那様も帰宅は6時です。夕食も家族で食べられますよ。

天気に左右されることもありますが、
雨が降っても水道屋さんは中でする作業もあるので、
仕事の順番を変えたりして、調整できます。
雨だからまったく仕事にならないということは少ないです。

お休みは日曜日。土曜や祝日は仕事のことが多いです。
お盆とお正月は休みます。

職人の方は、皆、早くに結婚し、30代半ばで中学生や高校生の子供がいる方が多い。
旦那様は結婚が遅かったので、その点は遅れを取っていています(笑)。

以上、わが家の自営業について書いてみました。
身近に感じていただけるとうれしいです。