MFクラウド確定申告はサポート体制が充実!3種類の相談方法と料金を紹介

141029-1

自営業の確定申告におすすめしているマネーフォワード確定申告の料金体系が変更になるというメールが届きました。

やよいの青色申告をずっと使ってきた私がマネーフォワードをおすすめしているのは、サポート体制が充実しているから。

サポート体制については私が使い始めた時と変更があるようなので、その内容を確認しておきたいと思います。

スポンサーサイト

自営業妻コミィがおすすめするマネーフォワード(MF)確定申告とは?

マネーフォワード確定申告はクラウド型の確定申告ソフト(会計ソフト・帳簿ソフト)です。

クラウドなのでネット環境があればどこでも使えます。私は年末にパソコンが壊れてやよいの青色申告(インストール版)に入力していた内容が消えてしまった経験から、クラウド型に興味を持ちました。

↓ 使い方は初心者にも分かりやすく、家計簿感覚で入力することができます。

141029-2

毎月の帳簿付けは初心者でも大丈夫だと思うのですが、年末処理や実際の確定申告になるとトラブルが発生するのが自営業の確定申告です。私も毎回トラブルに見舞われています(苦笑)。

そんなときに役に立つのが確定申告ソフトのサポートです。マネーフォワード確定申告は、無料プランであっても手厚いサポートが受けられるのが、私がおすすめしてきた理由の一つでした。

サポートには電話サポート、メールサポート、チャットサポートと3種類あります。私は電話よりメールのほうが気軽に問い合わせできると思うのですが、わが家の夫はメールは苦手なタイプ。

まずは自分に合ったサポートが受けられるかどうか確認してから、コースを選ばないといけませんね。

スポンサーサイト

MF確定申告のサポート体制は?

私は2015年から利用しているのですが、2016年1月15日からサポート体制が変更になっています。今まですべての方が使えた電話サポートが実質値上がりになってしまいました。

151128-6

新しい料金プランが新設されて、電話サポートは上位プランだけの特典に。

電話サポートを受けるには「あんしん電話サポート付ベーシックプラン」年額17200円に加入が必要です。

私が使っているパソコンにインストールするタイプの「やよいの青色申告」の場合、電話サポートを受けるには12960円のベーシックプランに加入が必要です。

クラウド型のやよいの青色申告 オンラインでも電話サポートを受けるときには12960円のプランが必須。

値段だけでみると、電話サポートに関してはやよいの青色申告 オンラインよりマネーフォワード確定申告の方が高くなってしまいます。

今までマネーフォワード確定申告を一押ししてきた私としても大問題です。

心配になって料金やサポート体制をいろいろ確認してみました。

↓ 新しい料金体系です。

151128-7

でも、変更になるのは電話サポートだけ。メールサポートは今まで通り無料プランと年8800円プランでも使えるようです。メールサポートがあれば、問題が発生しても質問して解決できそうです。ほっとしました。

クラウド型のやよいの青色申告 オンラインだと、8640円のセルフプランだとメールサポートも電話サポートも使えません。

マネーフォワード確定申告なら無料プランでも年8800円(月800円)のプランでも、電話以外のサポートは受けられます。

超初心者で調べたりするのが苦手な方は電話サポートも検討した方がいいかもしれません。その場合は、クラウド型のやよいの青色申告 オンラインは年12960円、マネーフォワード確定申告は年17200円ですから、クラウド型のやよいの青色申告 オンラインの方が安くなってしまいますから、注意が必要です。

 MFクラウド確定申告の公式サイト

さいごに:ガイドブックが無料でもらえるかも

MFクラウド確定申告のガイドブックはアマゾンや楽天ブックスでも買うことができます。

MF確定申告の本

12月上旬に新しくなるようです。

私は有料プランに申し込んだときにキャンペーン中だったので無料でもらえました。この解説本がもらえるキャンペーンはよくやっているので、応募できるかどうか確認してみてください。

前半が自営業の経理や確定申告の基礎知識、後半がMFクラウド確定申告の使い方になっています。使い方については広く浅くサラッとした説明なので、実際に使い始めてから気になったところはヘルプ機能を使って調べていくことになると思います。

 MFクラウド確定申告の公式サイト

私が使ってみた感想はこちらに詳しく書いています。
 MFクラウド確定申告を無料で試しました!サポート体制が初心者におすすめ

スポンサーサイト