国民年金は前納とまとめ払いがお得!確実に支払える方法を選ぶことが大切

eyecatch13

自営業家庭ですと国民年金は夫と妻の2人分支払います。1人分が約15000円で2人分だと約30000円。大きな負担額です。

まとめ払いをしたり、クレジットカードを使ってポイントを貯めたりとお得に支払っている方もいますよね。うらやましい限りですが、わが家にも使えそうな節約技がないかな?と調べてみました。

国民年金保険料は毎年少しずつ金額が違うのですが、H27年は月15590円なんですね。2人分だと31180円に。2人分で3万円だと思っていたら予算オーバーだわ(涙)

スポンサーサイト

国民年金機構のおすすめ納付方法は口座振替!前納すると割引になります

わが家はずっと口座振替で月払いしています。結婚当初、夫がそうしていたので私も同じようにしました。国民年金機構のホームページをみると口座振替が「一番おトクな納付方法」あって、一押しのようですよ。

半年分前納すると、ひと月あたり約176円お得。1年分前納するとひと月あたり約326円、2年分ならひと月あたり640円もお得に。

↓ 国民年金機構さんのホームページより。

150913-7

わが家は赤印の何の割引のない当月払いです(苦笑)。同じ月払いでも1ヶ月分早く支払うと50円割引になるんですけどね。結婚して10年、いつかやりたいと思いながら2人分3万円を用立てるのが辛くって。最初の月は6万円支払うって事でしょ。

こういうことは最初にやっておかないと、後からは難しいですね。目先の3万円が惜しくて前納出来ません(苦笑)。

それにしても、この表を見ると、2年払いはとてもお得なんですね。ひと月640円トクすれば2年で15360円にも!1ヶ月分くらいお得になるんですもの。

でも、できる?
わが家のような自転車操業の自営業家庭で2年分前納って出来る?

無理でしょう(苦笑)。

1人分が366840円、夫婦2人分だと733680円ですよ。それも4月に引き落としになるんですって。4月と言ったら所得税と消費税が引き落としになる月です。もう100万円超えの支払いになってしまうではあ~りませんか?

無理です。現実的ではありません。お金に余裕があったとしても自営業をやっていれば手元に現金があることがとても大事ですからね。

2年前納はH26年からスタートした制度のようです。国は少しでも前倒しでお金が欲しいって事ですよね。財政がひっ迫していそうですね。

もし1年払いや2年払いにしたい場合には、2月末までに申請して4月に支払うことになります。半年払いにしたいときは8月末(10月支払)と2月末(4月支払)までに申込みが必要です。

申請書類に記入して口座振替する金融機関へ提出するそうです。申請書類は国民年金機構のホームページでもダウンロードできます。

詳しくは国民年金機構さんのホームページで。
>> 国民年金前納割引制度(口座振替 前納)について

スポンサーサイト

国民健康保険料はクレジットカード払いが出来ます!

50円お得になるひと月分前払いすら実現出来ないわが家ですが、クレジットカード払いには興味があります。クレジットカード払いの月払いならなんとかなるのでは?っと思うのです。口座振替もクレジットカード払いも月払いなら同じようなものですよね。

↓ こちらがクレジットカード払いの申請書です。

150913-10

水色で囲ったのですが、クレジットカードで対応できるのは毎月納付・半年前納・1年前納の3パターンです。

使えるクレジットカードはイオンや楽天もあるし、JCBとVISAもあるので手持ちのもので対応できそうです。

公共料金の支払いではクレジットカードのポイントが貯まらないカード会社もあるそうなので、手持ちのカードを使う場合には電話で確認してからの方がよさそうですね。

わが家の場合ならnanacoをチャージしているクレジットカードを使うのが、家計簿の管理上も都合がよさそうです。

私がnanacoのチャージに使っているクレジットカードの紹介はこちら。
>> 私がnanacoのチャージに使っているクレジットカードを紹介【2015年】

クレジットカード払いの申請書は国民年金機構のホームページからダウンロードできます。
>> 国民年金保険料の納付方法のページ

わが家が現金払いではなく口座振替にしている理由

自営業の資金繰りを考えると国民年金保険料をまとめ払いできないと書いたのですが、それならば口座振替にするより現金払いにした方が融通が利くのでは?と思われた方もいるかもしれません。

わが家では国民健康保険料(国保料)はセブンイレブンでnanacoカードを使って支払っています。支払いは半月遅れだったり、督促状がきてからやっと支払ったりといった具合です(苦笑)。

クレジットカードのポイントは貯まりますが、自分で現金を手にしてから支払うというのは、負担感がパンパではありません。

まだ結婚前のことですが、夫は自営業を始めてからしばらくの間、国民年金を払うのをサボっていたそうです。それをまじめなお父さんに見つかり、「国民年金を支払わないなら、家を出て行くように」と言われて、後から必死で追納したそうですよ。

後から何十万も支払うのって大変ですよね。私も学生時代に免除してもらった分はとうとうすべては追納することは出来ませんでした。

追納するのがとても辛かった夫はもうこりごりだと思って、口座振替にすることにしたそうです。口座振替ならお金の管理が苦手で浪費家の夫でも自動的に支払うことが出来ます。負担感も少ないですしね。

私も夫には口座振替が合っていると思います。事前に準備して積立なんて出来る人ではありませんから、何でも月払いが必須です。早割やまとめ割りでお得になることも、ポイントが貯まったりすることもありませんが、まずはしっかりと支払うということが大切。

まずはキチンを支払えてからのお得や割引ですよね。お得や割引という言葉は私も大好き!でも、お金を管理できないのにクレジットカードを使ってポイントを貯めようとするのは本末転倒です。夫を見ていると本当にそう感じます。

国民年金をはじめ、税金の支払いを上手にしていくコツは、いかに精神的な負担なく確実に支払っていくかです。

わが家にとっては何の割引のない月払いの口座振替が一番合っていたと言うことですね。でも、クレジットカード払いもほぼ同じなので検討の余地ありだと思っています。

スポンサーサイト