【初めての確定申告】自営業(個人事業主)だといつまでに何を提出するの?

eyecatch14

自営業妻のコミィです。夫の自営業の帳簿付けをやっています。確定申告は白色申告で1回、青色申告で5回ほど経験しました。

わが家は夫が一人でやっている一人親方の自営業。ものすごく利益があるわけでもなく、税理士さんに料金をお支払いするのすら厳しい経営状態なのです。自分でやるしかありません(苦笑)。

私と同じような自営業妻の方から、「初心者なのですが青色申告に興味があります。」「私でも出来ますか?」とよく質問されます。

今は確定申告用のパソコンソフトがあるので専門知識がなくても青色申告ができるようになりました。もちろん、大変なこと面倒なことがたくさんありますが、一度試してみる価値はあるかと思います。

スポンサーサイト

自営業を始めたら確定申告が必要!2~3月は多忙になります

自営業を始めるのはとても簡単!税務署に開業届を出すだけです。なんの審査もありません。でも自営業を続けていくのは難しい。本当にそう思います(苦笑)。

自営業を始めたら自分で確定申告をすることになります。最初は慣れないので戸惑うことも多いと思います。確定申告のマニュアルは丁寧に説明してある分、とても分厚いので、読む前から挫折している方もいるかもしれませんね。

確定申告はいつも寒い時期なので作業がとても辛いです。分からないことがあったりして頓挫していると段々と暖かい春が近づいてきます。それまた焦ってしまって辛くなります(笑)。

自営業は1~12月にやった仕事の分を、翌年の3月15日までに確定申告するのが基本となります。

課税対象期間 : 1月1日~12月31日までの1年分
確定申告期間 : 2月16日~3月15日まで

確定申告会場ができたりするのは2月16日からの1ヶ月間ですが、イータックス(e-tax)だと1月から確定申告ができるんです。私はいつも2月中に終わるように計画を立てます。

もちろん、「毎月記帳&秋頃からは大まかな収入を計算して節税対策を考える」というのが一番。でも年が明けてから1月になって焦って作業をする方はとても多いと思います(苦笑)。12月は仕事が忙しいことが多いですからね。

確定申告を提出するのは、税務署(確定申告会場)に持参する、郵送する、イータックス(e-tax)の3パターンあります。初心者にとって一番ハードルが高いのは「郵送する」です。

初心者はミスをしていても自分では気づかないし、何が何だか分からない状態になりますよね。郵送しても不備がたくさん出てきて手間が再提出などの手間がかかります。

時間が取れる方は、税務署へ届けてチェックしてもらうと安心。でもこの時期の税務署はとても混雑していて、職員の方も疲れているのか愛想が悪いです。電話してもぶっきらぼうで怖いの~(苦笑)。

そう考えると私のおすすめはイータックス(e-tax)です。

スポンサーサイト

自営業(個人事業主)が使うのは確定申告書Bですよ

確定申告の用紙には2種類あります。

↓ 主に会社員の方が使うのは確定申告書Aです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
※ 国税庁のホームページの記載例よりお借りしました。

オレンジ色で囲った部分を見ると「給与」がメインになっているのが分かりますね。

↓ 自営業者(個人事業主・フリーランス)の方が使うのは確定申告書Bです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

オレンジ色で囲った部分を見ると、一番上に自営業の収入を書くようになっています。不動産収入なども書けるようになっていますが、わが家は一番上しか書いたことはありません。

収入を安定させるためには、いろいろなところから収入がある方がいいですけど、確定申告は面倒になりそう(苦笑)。

初めての確定申告ならイータックスがおすすめ

この確定申告書の記載例をみて「こんなの自分には書けない!」って思いませんでしたか?

はい、私もそう思います。こんなの絶対書けません。何度も確定申告をしていますが、手書きで書くというのは私には無理です。これを書くにはしっかりと理解していないと難しい。

ではどうやって私は確定申告を独力でやっているのでしょうか?

それはイータックス(e-tax)のおかげなんです。

↓ 国税庁の確定申告作成コーナーです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここから一つ一つクリックしながら進みます。「自営業の方はこちら」という風に、選びながら進むので、「確定申告書はAなのBなの?」と判断しなくても「確定申告書B」ができあがります。

作業は途中で止められるし、再開できるので少しずつ作業ができます。ミスをしていると先に進めません。先に進めないとイライラしますけど、ミスが防げるので初心者には安心です。

イータックス(e-tax)なら社会保険控除や生命保険保険控除に必要な証明書は提出する必要がありません(保管しておくだけでOK)。本当に「送信」をクリックするだけで終わるので何を提出したらいいのか考える手間がないのです。

イータックスについてはこちらに詳しく書いています。

  • 確定申告はイータックス(e-tax)がおすすめ!必要な物&手続き方法を紹介【2016年版】
  • さいごに

    私は確定申告が終わってから、のんびりと書類整理をして控除証明書などをファイリングしています(笑)。面倒で書類整理をやらないで放置してしまったことがありました。でも税務署から問い合わせ電話があってヒヤッとしたことがあったのです。

    ミスが防げるとイータックス(e-tax)ですが、それでもミスをしてしまいました。そのときは4月になってから税務署から電話がかかってきました。単純ミスでしたが、税務署から郵送された書類にサインをして返送する事になりました。

    電話がかかってきたときに、確定申告書類がぐちゃぐちゃだと大変ですよね。税務署から電話がかかってくることを想定して、確定申告が終わったら書類は早めにまとめて対応できるようにしておくことにしています。3月中には終わらせると自分で期限を設けました。

    確定申告はとても大変ですが、終わると達成感があります。その後は税金の支払いに追われることになるわけですが、「確定申告が終わったら●●しよう」と自分にご褒美を用意して乗り切っています。

    スポンサーサイト