節税効果のある小規模企業共済とは?自営業・個人事業主の退職金代わりに

わが家は小規模企業共済を月々1万円づつ細々と続けています。

小規模企業共済制度は、国が運営する個人事業主や会社役員のための退職金制度です。掛け金全額が、確定申告の際に、課税対象所得から控除されるので、重要な節税アイテムとなります。

スポンサーサイト

小規模企業共済とは?

140422-4

小規模企業共済制度を運営しているのは、国が全額出資している独立行政法人「中小企業基盤整備機構」です。国が作った共済制度だから安心・確実とパンフにあります。

国が作ったというと安全な気がしますが、国民だれもが心配している年金制度のことを考えると・・・ちょっと安心・確実というのは少~し疑ってしまったりして(笑)。掛け金は将来受け取る共済金の原資に全額充当されていて、運営費は国によってまかなわれているそうです。

わが家は信用金庫さんを経由して加入しました。掛金を変更したいときも、信金の担当さんに用紙を持ってきてもらって、手続きしています。商工会でも加入できます。わが家は商工会には加入していないし、会費ももったいないので、金融機関経由です。

月々の掛金は1000円~70000円までで、500円単位で選べます。掛金の増額・減額は後からでも可能。掛金は口座引き落として、月払い、半年払い、年払いから選べます。

退職金として積立して老後資金に!

小規模企業共済は老後の生活ためにぜひ活用したいところです。退職金がなく、公的年金が国民年金のみという自営業は老後の生活に不安が多いですからね。

共済金は自営業を退職したり廃業したりしたときに受け取れます。貯金とは違うので、ちょっと運転資金が足りないから下ろそう!というのはできません。これがわが家にとっては好都合。夫はついつい貯金を当てにして使ってしまうタイプなのです。

共済金は退職金のように一括でも受け取れますし、年金のように分割で受け取ることもできます。これまたうちの夫はあればあるだけ使ってしまうので、分割で受け取るほうが安全です。

小規模共済はセーフティネットとしての役割も果たします。共済金は差押禁止債権として保護されるからです。知り合いでも、倒産や廃業の話をよく聞きますからね。

自営業者には失業保険もありません。廃業するときには借金を抱えていることが多いですし、倒産したとなったら、自宅を差し押さえられたなんてことも。この共済金があるだけでも心強い!まあ、税金を滞納している場合には、差し押さえられてしまうそうですが・・・(笑)。

自営業は老後が不安でも、わが家のような自転車操業の場合は、老後の備えまでは手が回りません。とりあえず、月々5000円でも10000円でもはじめてみることが大切です。支払えないほど業績が悪いときは、月々1000円まで減額できますから、不安に思う前に思い切って始めましょう。

わが家は一度減額をしましたが、口座引き落しで自動的に支払っているせいか、何とか続けられています。退職金と呼ぶには程遠い小さな金額ですけどね。

スポンサーサイト

小規模企業共済は節税効果も高い!

小規模企業共済はいろいろなメリットがありますが、やっぱり一番気になるのは、全額所得控除されるという節税効果ですよね。

パンフレットを読むと、課税所得が400万円の場合、月々の掛け金3万円で、108000円も節税になるそうです。もちろん一人親方のわが家では、課税所得が400万円というリッチな金額とは縁はありませんが。老後に備えるだけでなく、節税できるなんてすばらしい制度です。

わが家は月1万円で年間12万円の所得控除をGETしています。

月々の掛金で節税するだけでなく、急な増益に対処して、大きく節税することも可能です。

掛金を1年分前払いすることが出来るので、もし今年は利益が多くて税金を取られそうだ!と思ったら、掛金を増額して年払いに変更すると節税することが出来るのです。

わが家は月1万円の掛金を支払っています。たとえば8月頃に「今年は利益が上がって税金が取られそうだ!」と予測できたとします。そうしたら、10月に月掛金を最大の7万円に増額して月払いから年払いに変更するのです。すると、1月~9月まで支払った9万円と10月に前払いした84万円の合計93万円が全額所得控除の対象になります。

この方法で節税するためには、前払いする84万円を用意しなければなりません。なので、わが家ではやったことがありません(苦笑)。うちの夫はあればあるだけ使う人ですからね。

さらに、急に増益になるというのもあまりないし。利益が上がりすぎて税金が大変だ!という事態を経験したいものだわ。

掛金は所得控除の対象になるのであって、経費になるわけではありません。あくまでも所得控除なので、この節税技は所得税と住民税には効果がありまが、国民健康保険税には効果なしです。国保が一番辛いのになぁ。

小規模企業共済は職人の間では知名度低いの?!

とてもいい制度なので、きっと皆やっているはず!と思い、夫に相談。すると、自営業歴10年の旦那さまはこの制度を知りませんでした~(涙)。そして、仕事仲間でもやっている人はいなかったようです。

なぜなんだ。職人はどうして老後の心配をしないのだろうか!その肉体労働。年をとっても続ける自信はあるの?うちの夫、気持ちは若いときのままで、本当に困ります。

日々の生活にいっぱいいっぱいという方も多いからかも知れませんが、この制度自体を知らない人も多いのでしょうね。職人って研究熱心なひとが多いのよ。それなのに、この手の研究はしないのよね~。

節税の本や独立開業の本には必ず紹介されている制度なのですが、旦那さまのように活字嫌いで都合の良い記憶しか残らないタイプだと、脳みそをスルーしているのかもしれません(笑)。

この共済金を貯金と考えた場合、正直ネット系の銀行のほうが利率は良さそうです。しかし、事業を廃業するか退職したときにしか受け取れないことになっているので、確実に老後の資金として準備することができます。

収入が不安定なわが家では通常の貯金だと日々の生活費に消えてしまう恐れがあります。こういった強制的に老後の資金を貯められる制度のほうが安全です。

生活が不安定なゆえに、毎月の掛け金には注意が必要です。掛け金は増額・減額ができますが、減額には条件が付きますので、はじめは負担のない程度から初めて、徐々に増やしていく方法がベストかなぁ。

日々の生活に追われていると、老後のことなどはどうしても後回しになってしまいます。今月の支払いを無事すませられるかどうか、そればかり・・・(笑)。
うちの旦那さまはこういった先のことを考えるのが苦手なので余計です。

私も「まずは子供の教育資金を!」と考えて、この小規模企業共済制度は後回しにしてきました。しかし、晩婚だったわが家では、子育てが終わるとすぐ老後です。子育ての後に老後資金を貯めておく時間はありません。教育資金にしろ、老後資金にしろ、小さな金額でもコツコツと早めに準備しておくのが一番です。

自営業の安定した老後のために、小規模企業共済制度を是非活用しましょう。もちろん、節税にもなりますので、かしこい自営業妻の必須アイテムですね。

★詳しくはこちら → 中小企業基盤整備機構のホームページへ

スポンサーサイト