保険見直しする前に雑誌で研究!2冊以上読んで比較しました

保険雑誌

たくさんの保険会社があって、たくさんの保険商品があります。子育て主婦の私が、そのすべてを調べるのは難しい! そこで役に立つのが本や雑誌です。

保険の見直しをして、安心したり、節約をしたいというニーズがあるのでしょう。雑誌や本も何冊もあり、主婦向け雑誌の特集になっていることも多いです。

図書館にも本はありますが、情報が古くなっているものも。最新の情報は、その年に発売された特集雑誌を読むのがベストのようです。

スポンサーサイト

雑誌によって立場や個性がある

140512-5

↑ 主婦雑誌でも保険見直しはよく特集されていますね。私はESSEが好き!

雑誌には広告が載っているものがあります。広告を載せている場合、その保険会社サンの保険商品を批判する記事は載せられないはず。意図的によい評価をしているかも。

それから、保険商品を選ぶときには、その人の好みや個性がでそうですよね。ファッションほど幅広くはないでしょうが、この保険商品をいいと思うひともいれば、ダメと思う人もいるはず。

そんな風に思ったので、1冊の雑誌だけを参考にしていると、どうしても知識や評価に偏りがでてしまうのが心配に。最低でも2冊は読み比べることが必要だなっと思いました。

雑誌の出版社は別々で、雰囲気が違う2冊そろえてみました。

そして、情報が古いことは覚悟で、図書館でも雑誌のバックナンバーを借りたり、本を借りたりすることに。

よい保険というのはどの雑誌でも評価が高い

2冊の最新雑誌を読んでみたら、よい保険だと言われているものは、似たり寄ったりだったの。もっとバラバラになると思ったのに!「やはりいいものはいいのだな!」と妙な納得をする私(笑)

私が買った雑誌は、おすすめの保険が紹介されているもの。ベスト5に入るのは、大差なし。評価が同じでも、その保険の解説には個性が出ていたの。2種類の解説を読むと、保険商品が分かりやすい!

スポンサードサイト

広告ゼロだから本音で採点「よい保険・悪い保険」別冊宝島

140515-2

「広告ゼロだから本音で採点」という文句にひかれて購入しました。ベストランキングだけでなくワーストランキングというあります。だめな保険が3つほど保険の種類ごとにランキングされていて、辛口です(苦笑)。

私の好きな保険の見直し例も5パターンほど載っています。自営業者の保険の見直し例も1件ありました。

すぐわかるシリーズ「保険見直しマニュアル」

140625-5

上の本に比べると、中はゴチャゴチャした感じ。

「ネット生保はもはや最安ではない」
「掘り出し物がいっぱい 共済商品も無視は禁物」
「漫然と加入していると損をする 火災保険は必要なモノだけを選べ」

などキャッチーな文句が並びます。

読み物として面白かったのが「知られざる裏側をぶっちゃけトーク!!保険販売員覆面座談会」

働いてお給料をもらうって大変だよねと、しみじみ思いました。生保レディをやっている方を尊敬しちゃいます。私には無理だわぁ。

さいごに

保険の内容はどんどん変わりますので、雑誌は最新版を買ったほうがいいと思います。2018年版で主婦の方にも読みやすい雑誌がレタスクラブから出ていました。

わが家は40代になり、気軽に保険見直しができない年齢になってしまいました。20代、30代の方はまだまだチャンスがありますから、納得した保険が選べるように、予習をしてくださいね。



スポンサードサイト