保険見直しスタート!赤ちゃん連れでも相談しやすい訪問タイプを申込

3番目の誕生をきっかけに保険の見直しが必要になりました。

わが家の保険は夫の仕事関係でお世話になっている保険屋さんで加入しています。提案力があり頼りになる保険の営業サンです。M保険の営業マンで独立して保険代理店を開いています。

保険について本やネットで調べていくと、他の会社の保険も検討したくなるものです。とくに学資保険に関してはその会社の保険はいいものがありません。

いろいろとしがらみのある自営業ですが、子供は3人になり、これからの生活がかかっています。義理人情で高い保険料を払うわけには行きません。

今回は思い切って、いろいろな会社の保険を扱っている保険相談を活用しました。目的は、三番目チャンの学資保険と夫の死亡保障の追加です。

スポンサーサイト

◆最初は店舗タイプの保険相談に行ってみました

photo2

まず最初は予約がWEBサイトで取れて気軽に行ける店舗型の方の保険相談にいきました。

平日の昼間に、もうすぐ1歳の3番目チャンと二人で行ってきましたが、3番目チャンを見ながら相談をするというのは大変で・・・(苦笑)。夫も一緒に行ければよかったのですが、うちの夫は「ある程度決まって契約の段階になったら呼んでほしい」というタイプなので子守にも使えません。

訪問タイプの保険相談では、とてもいい対応をしていただきました。授乳室もあるし、キッズスペースもあって、家族で行くには安心な場所です。夫はもちろん子守役(笑)。

相談は平均2時間はかかるらしいので、上の子2人が2時間もキッズスペースで遊んでいられるかどうかは難しいかも。平日なら上2人はいないけど、3番目チャンはまだキッズスペースに一人で遊んでいられる年齢ではないですし。

保険は一度の相談で決められるものではありませんし、1回2時間くらい、平均3回以上の相談が必要になると分かったの。赤ちゃん連れではじっくり保険相談も出来ないと感じたので、訪問タイプのほうに切り替えることにしました。

実は営業さんに自宅へ来てもらう訪問タイプは店舗タイプに比べると敷居が高い感じがしていました。でも、たのんでみれば小さな子供がいる場合には自宅に来ていただけるほうが断然ラク!

スポンサードサイト

訪問タイプの保険相談をどこに頼むか?

140609-2 (2)

テレビのCMでも見かけるぐらい、複数の保険会社の保険を扱える代理店が増えています。

楽天カードを愛用しているので、「楽天からも保険相談はいかがですか?」とメールがあります。住信SBI銀行に口座があるので、住信SBIグループからも「保険相談はいかがですか?」とメールがきます。

どこで相談しようか迷いました。そして、公式サイトを見てみて、以前からよく広告を見かけていた「保険マンモス」さんに決定。保険相談の会社の中では老舗であること。もし訪問した営業さんが気に入らなければイエローカード制度があることが決め手となりました。

それから、私は田舎に住んでいるので、田舎でも訪問してもらえるように、規模の大きなところというのも、決め手に。

◆まずはWEBで申し込み&訪問日決定。

まずはWEBから申し込みをしました。申し込みフォームにしたがって、住所や名前、保険の試算に必要な年齢等も入力。

訪問日を決定するためにはやりとりが必要なのですが、メールと電話の2パターンから選べたので、手っ取り早い電話を選びました。メールの返信とか面倒だし(笑)

その日の夕方に電話がかかってきて、1週間後より先で、希望の日程を聞かれました。私の場合は、平日の日中が希望で、ダメな日(小学校の行事がある日)を伝えてそれ以外でと伝えました。

1日おいて訪問日が決まりましたというメールがきました。訪問してくれる相談員の方の氏名も記載がありました。私は地方に住んでいるので、訪問できる相談員さんがいるかどうか心配でしたが、大丈夫でした。

↓ 訪問前に日程をしらせるハガキも届きました。

140613-2

いよいよ、わが家の3度目の保険見直しがスタートです!



スポンサードサイト