2018/05/191 Shares

毎月の生活費を一定する!収入の増減に振り回されないことが大切

eyecatch07

自営業妻コミィです。自営業家庭の家計管理のコツは、収入の増減に振り回されないことです。

バラバラに入金されるお金をその都度使っていたのでは、いくら使っているかも実感できなくなってしまいます。

収入が増減する自営業家庭の場合、家計管理のストレスを減らすために必要だと感じます。

スポンサーサイト

収入の増減に振り回されないために

電卓とノートのアイキャッチ

自営業ですと毎月の収入にバラツキが出てしまいます。「収入の少ない月は節約して、多い月は贅沢をする」ついやってしまいがちです。

これでは、収入の増減に振り回されて生活していることになります。夫は独身時代からずっとこんな生活を送ってきたみたいです(苦笑)。

このことについて、夫はあまりストレスを感じないそうなのですが、私には大きなストレスです。

毎月同じ予算で生活する

節約をがんばっても、収入が少なければ赤字。浪費をしても、収入が多ければ黒字。これでは、主婦として張り合いがありません。

「毎月を同じ予算で生活する」ことを徹底することにしました。収入が少なくて赤字確定でも、決められた予算内で生活できれば、やりくりが出来たととらえる事にします。収入が多くても、支出を増やすことなく、同じ金額で生活します。

とにかく、「収入が多くても少なくても、まったく同じ生活を毎月する」ということです。意外と難しい。特に、浪費家の夫にとってはね。「収入が多いときに贅沢しなければ、何の楽しみもない」と考える人ですから。

しかし、夫のような考え方では、収入が少ない月に苦労します(苦笑)。

大切なのは収入に振り回されて、気持ちが浮き沈みしないこと。収入が不安定でも支出を安定させて、ストレスの少ないな家計管理を目指すことにしたのです。

スポンサーサイト

基本は1ヶ月の生活費を決めること

「毎月同じ予算で生活する」ためには、毎月のいくらかかるのか知る必要があります。毎月同じ金額で生活するためには、毎月の生活費で年間でかかる支出を準備していかなければなりません。

年1回まとめて支払う所得税や、年4回に分けて支払う住民税。さらに年8回(わが家の場合)に分けて払う国民健康保険料。自営業家庭ではでは税金を把握することは必須です。

車の維持費代(車検・修理費・税金)。おつきあい費。年払いしている生命保険料など。会社員家庭ならボーナス払いも出来ますが、自営業にはボーナスはありませんから、年間いくらかかるのかを計算して、1ヶ月あたりのお金を出す必要があります。

自営業家庭では工夫をしないと、毎月毎月いくら支払うのか神経をすり減らしてしまうことになります。年間でかかるお金を把握して、月々で少しづつ準備しておけば、バラバラな支出に振り回されません。

お金の流れが把握できるように

電卓とノートのアイキャッチ

毎月の収入がバラバラで、支出もバラバラだと、自分がいくら使っているのかが分からなくなってしまいます。自営業家庭では何でもバラバラになりやすのです(笑)。

家計簿を付けても残るモヤモヤ感

私はお金の記録をつけるのが好きなので、キチンと家計簿をつけています。

そんな私でも自営業家庭の家計管理をするようになってから、「思っていたより多かった!」とか「思っていたより少なかった!」と、自分の感覚実際の金額ズレを感じたのです。

人間の感覚とは面白いもので、収入は思っていたよりも少ないことが多くて、支出は思っていたよりも多いのです。この感覚のズレは、家計簿をつけていても直ることがなくて、違和感は増すばかり。

正しい金額を計算したのに、なんとなく分かりにくなぁと肌で感じるわけです。モヤモヤが残ります。

毎日お金の出入りを細かく計算すれば少しは改善しそうですが、できれば計算する前に「チョット使いすぎかしら」と感じられると家計管理に役立ちますよね。

野生の感と同じように「お金の感」が働くと便利そうだと思いませんか?(笑)。「お金の感」というのは存在しそうですが、それを研ぎ澄ますのは大変そうです(苦笑)。

支出を一定にして基点にする

家計管理ですから誰でもできる方法が鉄則です。

結局は、収入か支出のどちらかを一定にするしかないのだという結論に達しました。どちらかを一定にすれば、基準というか基点が出来ます。この基点の効果は大きいです。

自営業家庭では収入はコントロールしにくいので、支出を固定することになります。私の場合、支出を固定して毎月同じ金額で生活することにしてから、「なかなかいい感じ!」「チョットやばいかな!」という感覚と実際の金額が大きくずれなくなりました。

つまり支出を固定したことによって、お金の流れが把握しやすくなったとういことです。

毎日お金の計算をしなくても、お金の流れが把握できて肌で感じられるようになると、家計管理のストレスは少なくなります。「お金の流れを肌で感じる!」って、大切ですね。

スポンサードサイト