青色事業専従者をしている妻の年末調整に初挑戦【2015年確定申告】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

わが家は夫が一人親方で仕事をしている自営業です。妻である私は青色事業専従者になっていて、帳簿付けや確定申告の作業をしています。

従業員がいる場合は、必ず年末調整が必要ですし、税務署から年末調整するように指導がくるようです。わが家は従業員がいない上、妻の専従者給与額も所得税や住民税がかからない範囲になっていたので、年末調整は今まではやったことがありませんでした。

今回、確定申告の作業をする中で、今回初めて年末調整をしたので、今後のために記録しておきたいと思います。

スポンサーサイト

初めて年末調整をしようと思ったきっかけは?

今回初めて年末調整することになったきっかけは2点あります。まずはじめは節税効果をとことん上げようと思ったから。どこの家庭でも生命保険控除は受けていると思いますが、掛けている保険の一部だけで上限に達していませんか?

わが家も使えなかった生命保険控除の証明書がいくつもあります。もったいないなぁと思っていました。私の名義でも生命保険控除ができるように、所得税や住民税がかかるくらいまで、専従者給与を上げてみたらどうだろうか?と思ったのです。

このことは以前から気になっていたのですが、「専従者給与の源泉を作ったりする作業が面倒だな」と思って躊躇していたのです。

それから、もう一つのきっかけは私の副業の収入です。ブログやサイト運営をしていますので、広告収入が入ってきます。楽天アフィリエイトでもらったポイントは私のお小遣いです(皆さんのご協力ありがとうございます!)。それからFXで取引をしていてその分も多少あります。

年20万円以内だからと今までは気にしていなかったのですが、税理士さんに相談したら私の勘違いが発覚しました。給与所得者は20万円までの副収入を申告しなくてもいいと思い込んでいたのですが、そのには条件があったのです。

その条件とは「年末調整をしていること!」でした。

会社を通して年末調整をしている方の特典なんですね。自分で確定申告をしている場合には、20万円以内は申告しなくてもいいという特典はなくて、1円たりともごまかしてはダメだそうです。

つまり年末調整をしないと「年20万円までの副収入は申告しなくもいい」という特典を使えないのです。

私は自分の分の確定申告をするつもりでいたので、税理士さんに相談しておいてよかったです。相談料1回分(5400円)の元は取った気分になりました(笑)

以上2つのきっかけで、初めての年末調整に挑戦することになりました。

年末調整に必要な書類はすべてネットで探してダウンロードできました!

私は会社員をしていたので、年末調整は何度も経験があります。会社から配られた書類に印鑑を押して、生命保険控除の証明書をのりで貼って提出していました。

どんなものかは知っていますが、自分で一からやるとなると戸惑いました。まずそのシステムから理解できていませんでした。会社って何でもやってくれて親切なところだなと感じます。

私が年末調整をしようと思い立ったのは確定申告の作業中である2015年3月。年末調整は年末に行う物ですよね。本当なら2014年の年末に行わなければいけなかったのです。

その時点で、かなり後ろめたい気分で作業を始めることに(苦笑)。

まず国税庁のホームページから年末調整の書類をダウンロードしました。過去の分もあるのでダウンロードするときに年号を注意してくださいね。私は

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

年末調整の書類は自宅のプリンターでプリントアウト。ちなみに市役所に行ったら窓口前のテーブルにドサッと山積みされていて誰でも持って帰れるようになっていましたよ。

私は「給与所得者の保険料控除申請書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申請書」をプリントアウトしました。

■ こちらの国税庁のホームページでダウンロードしました。

>> 給与所得者の保険料控除及び配偶者特別控除の申告のページ

それから、自分の源泉徴収票を作成しなければなりません。市役所に提出するのは「給与支払報告書」という名前ですが、内容は源泉徴収票とほぼ同じです。

↓ 市役所でも山積みされていました。手書きして提出できます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私は、エクセルのひな形をネット検索で見つけ出しました。エクセルですから金額を入れると自動計算してくれて、とても便利。これを利用させてもらうことにしました。

■ こちらのホームページでダウンロードさせていただきました。

>> Rescue Rangers (会計事務所と経理の皆さんをお助けすサイト)

ものすごく手作りチックなホームページなので個人でやっておられるのでしょうか?こういうマメな方がいらっしゃるとありがたいです。

このひな形を使うとA4の用紙の4枚印刷されます。

150623-7

左側2枚が市区町村提出用です。右上が税務署提出用で、右下は自分用。

源泉徴収票を自分で作って、自分で年末調整をするという・・・。自営業妻でなければ体験できない貴重な経験ですね。

スポンサーサイト

市役所と税務署の板挟み?私はどこに行って何を提出すれば良いの?

税理士さんには、源泉徴収票などを用意したら市役所へ行くようにいわれました。そこでもう一枚書類を書くように言われるから、それを書いて、一緒に提出してくるようにという流れでした。

私が持参したのは、国税庁のホームページからダウンロードした「給与所得者の保険料控除申請書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申請書」と「源泉徴収票(給与支払報告書)」です。社会保険や生命保険の控除証明書も持って行きました。

そこでまず市役所へGO!住民税を扱う「市民税課」の窓口に行きました。

窓口で「税理士さんに行くように言われたのですが・・・」と何も知らない一般市民風に話しかけてみました。会計事務所とか経理とかプロの方と勘違いされると困ります(笑)。

窓口のお姉さんは私が提出した書類のうち「給与支払報告書」だけを受け取ってくれました。私は市役所行けばOKと思っていたので、「他の書類はどうするの?どこに提出するの?」という状態に。

もう一度、「税理士さんに市役所に行ったらもう一枚書類を書いて、提出してくるように」と言われたのですが?と念押し。お姉さんが言うには、もう一枚の書類は書かなくてもよくなったそう。市役所で必要なのは「給与支払報告書」だけなので、他は受け取れないとのことでした。

確かに、「年末調整は所得税に関係した物だから、税務署管轄だよな」と思い直し、市役所から近くのイオンへ行ってみました。イオンの中には確定申告の特別会場があるのです。

非常に混雑していて順番待ちです。私はそこにいた税務署のかたに話しかけて聞いてみることにしました。おばちゃん根性ですね(笑)。最初に応対してくれた方は、「税務署に提出したいのならついでに受け取っておくよ~」という感じだったのですが、ちょうど担当者の方がいらっしゃるということで、バトンタッチ。

すると、担当者の方は、私の提出しようとした「給与所得者の保険料控除申請書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申請書」を見て、「これ提出する必要ないです」と言ったのです。「この内容なら所得税がかからないのでいりません」と言われてしまいました~!

では、私の用意したこの書類はどうすれば良いのかしら?さらに聞いてみると、「会社で大切に保管してください」とのことです。

「え~!せっかく必死に調べて作った書類なのに~!」という感じです。なんだか、だまされたような気分です。せっかく作った書類なので、生命保険控除証明書をノリでペタッとして、確定申告のファイルに挟んで保管しておくことにしました。

その後、本当に手続きできているのか心配だった私。だって提出するはずの書類は私が持っているんですもの。でも、6月に住民税の通知が届きまして、無事に手続きでいていたようだと実感できました。

実は住民税がかからないように青色申告専従者の給与額を設定したのにミスしてしまったみたい。均等割を払うことになりました。この件については長くなりますので、別の記事にまとめたいと思います。

私のブログにコメントくださる自営業妻の中には、「従業員がいる」という方もいらっしゃいます。給与計算や年末調整、労働保険など、いろいろな手続きをしていらっしゃるかと思うと、本当に頭が下がります。

初めてやるときには、色々調べて大変です。2回目、3回目になると落ち着いてできるように。年末調整は年1回ですから、1年後に忘れてしまいそう。そう思って、こうやって記録しておきました(笑)。

スポンサーサイト