青色事業専従者とパートは両立できる?妻が自営業手伝いもパートもやりたい場合

青色事業専従者イメージ

自営業妻のコミィです。夫が自営業を営んでいるので、妻の私は青色申告専従者として夫の手伝いをしています。

結婚当初は共働きで正社員として外で働いていました。出産後に扶養に入り、パート勤めを経て、青色申告専従者となりました。

夫の仕事を手伝いながらも、パートをして別の収入減を持ちたいと思うようになったので、専従者とパートの両立について調べてみました。

スポンサーサイト

青色事業専従者の仕事内容は?

私が青色事業専従者としてどんな仕事をしているのか紹介します。

子供が3人いますので、子育てや家事をメインにしています。仕事は無理のない範囲なので、会社員の妻のように扶養の範囲内でパートをするくらいの働きです。

自営業全体のお金の管理は夫ですが、確定申告用の経理をしたり、公的書類の作成をしています。夫は一人で仕事をしているので(一人親方)、忙しいときは材料を届けたり、買い物をたのまれたりもします。

外で働くのと違って、子どもが風邪を引いたりした場合には本当にラク。夫は子どもが一番の人なので、子供の用事であれば仕事を後回しにしても気を使いません。

期限のある仕事の時には、子供を寝かしつけた後に作業をすることもありますが、自分の都合で仕事をする時間帯を調整できます。

基本的には期限が厳しい仕事は少ないので、子育てとの両立はしやすい点が気に入っています。

パート勤めよりも青色事業専従者を選んだ理由は?

一人目を出産後にパート勤めをしました。仕事と子育ての両立、夫婦仲の悪化に悩んだ経験があります。

青色申告専従者として節税をして、夫がもっと自営業で稼げるようにしたほうが、世帯全体の収入UPや家族仲の改善につながるのではと考えて、パートをやめました。

結婚前は夫は白色申告で自営業をしていましたが、妻の私が確定申告の作業をやるようになったので、青色申告に変更し、青色事業専従者の制度を利用して節税を意識するようになりました。

青色申告をすると65万円の特別控除が受けられます。さらに、私の給与(青色事業専従者給与)は経費として認められるので、所得を抑えることができるのです。

会社員には馴染みの深い医療費控除や生命保険の控除は、課税所得が決まった後に、所得税の計算をする前に引かれる金額になります。青色申告の控除と青色申告専従者の給与は、課税所得自体を小さくしてくれるので、同じ控除とついても意味合いは大きく違います。

課税所得というは何を算出する際にでも基準になる金額ですので、それ自体を小さく出来るというのは節税の威力は大きいということです。所得税と住民税、個人事業税、市町村の国民健康保険料を節税することに成功しました。

スポンサーサイト

青色事業専従者とパート勤めと両立はできるのか?

青色事業専従者イメージ

青色申告専従者の制度がなぜあるのかというと、通常は身内に給与を払うということが認められていないという前提があります。身内に給与を支払ったことにして、人件費(経費)を大幅に水増しするというのは出来ないのです。実際に家族で自営業を営んでいるというのはよくある話。身内に給与を支払うには、青色申告専従者の届出をする必要があります。

私が税務署でもらった「青色申告の記帳の手引き」には青色専従者についてこのような記述があります。

事業を営んでいる青色申告者と生計を一にする配偶者やその他の親族(15歳未満の方を除く)で、もっぱらその事業に従事している人に給与を支払っている場合にはその給与の金額が、その労務をした機関、労務の性質及びその事業に提供の程度等や、その事業の種類、規模及び収益の状況などに照らしその労務の対価として相当であるともとめられるものについては、その支払った金額を、必要経費とすることができます。

難しい言葉で書かれていますが、青色申告専従者とは他の仕事をしている人はダメなのね。「もっぱら従事している人」と記載がありますから。

ここで判断が難しいのは、昼間は自営業の手伝いをしていて、夜はパートをしている場合など。今は働き方が多様化しているので、会社員でさえも副業をする時代です。収入が不安定な自営業であれば、アルバイトやパートで働きながら自営業を手伝うのはありえる話です。

私が相談した税理士さんは、「働いているなら給与は支払われるべき」という考え方で、若干のパート収入があっても、自営業の仕事をしているのならば専従者給与は支払われるべきだという考え方だったの。ただ、パートの収入のほうが金額が大きかったり、時間が長かったりすると、税務署の判断は厳しいのは当然です。

私がそのような相談をしたのは、お盆やお正月に短期間のパートをやったことがあったから。そのパート先は大元が大きな会社だったので、短期間のパートであって年末調整をしてくれる会社だったのね。会社がいろんな届出をしてくれちゃうので、心配になって税理士さんに相談しというわけ。

税理士さんは期間限定のパートであるから、問題ない範囲かなぁと言ってくれましたが、私は心配だったので、パートのお給料が支給された1月と8月は専従者給与をナシにして確定申告しました。

青色申告専従者には続けて6ヶ月以上従事しているという縛りもあるので、1月と8月にパートをするというのは、この6ヶ月には違反しちゃうのですが・・・。

その後もいろいろと検索して調べていたのですが、「もっぱら従事している人」という縛りは厳しいようで、1日2~3時間のパートであっても、青色申告専従者にはなれないという意見が多数でした。一日2~3時間のパートであれば、自営業の手伝いもしながらでも続けられるのになぁ・・・と思いますが。個人的にはね。

節税をしたつもりが脱税になってしまう要素をはらんでいるので、自分勝手で危険な解釈はせずに、税務署や税理士さんに相談するべきですね。

税務署に上手に確認するコツは?

私は税務署によく電話をかけて質問してしまいます。意外と丁寧に教えてくれます。これまた不思議で担当者によって回答が違うこともあります(笑)。時間をあけて再度電話をしてみるなど、一度であきらめずに聞くことも大切です。

問い合わせのコツは確定申告の期間の電話は避けること。2月の中旬から3月の中旬は税務署が一番忙しい時期。当然、皆さん疲れています(笑)。丁寧に教えてもらえない可能性が高いです。

一番気軽に聞けるのは、税務署が主催する講座に参加したときです。講座の内容にもよりますが、税理士さんが委託されて講義をしてくれることも多いので、税務署の方と税理士さんの両方に一度に確認することが出来ます。

講座のときは税務署の方も時間に余裕があるように思います。受付に時間に余裕を持っていくと、いろいろと話せるチャンスが多いです。

受付をした後は、後ろで立って講義を聞いているだけに見えるので、いつもの仕事に比べるとほっと一息タイムに違いないと思っています(笑)。

まとめ

まとめ

税理士さんに相談したり、税務署に電話問い合わせをした結果「基本的には、青色事業専従者とパートは両立は出来ないようだ」ということが分かりました。

「ようだ」というのがあいまいですよね。私のように期間限定のパートをした時や、「実際にパートをしながら自営業の手伝いをしているのだから、納得がいかないわ!」というときには、個別に事情を説明して税務署に聞いてみたほうがいいと思います。

私は、何でもダメもとで問い合わせてみることにしています。

関連記事:税務署へ届出書類を郵送で提出する方法&電話問い合わせのコツとは?

私個人の考え方としては、青色事業専従者の節税効果を気にするあまり、外に働きに出ることをあきらめるのはもったいないと思っています。

自営業をしていると収入が不安定ですし、やはり自営業とは関係のないところで、一定の給与をいただけるというのは、リスクの分散につながります。

私は夫へのあてつけのようにパートをしてしまったので、夫婦関係が悪化してしまいましたが、もっといろんなアプローチの仕方があったのではと反省中です。

子育てのめどがついたら、うまい具合に外に働きに出たいと思っています。もともと私は会社という組織の中で働くのがあっているし、バリバリ働くのが好きなのです。

夫は会社という組織で働くのが苦手で自営業をやっていますが、私は少し窮屈なぐらいが好きです(笑)。働いた分だけお給料をいただける生活は、本当に安心感があるし、張り合いがあるように思います。

今のところ青色事業専従者として夫の仕事を手伝いつつ、節税に勤めたいと思っています。

関連記事:青色事業専従者とパートの両立は?ボーダーラインを税務署に問い合わせ

スポンサーサイト