自営業の帳簿ソフトはクラウド型がおすすめ!私が導入したきっかけは?

eyecatch15

自営業妻コミィです。わが家は建築系の自営業(水道配管業)で、夫が一人親方でやっています。自営業をしていると毎年の確定申告が悩みの種ですよね。夫の仕事仲間さんは皆さん税理士さんへお願いしている方が多いようです。

わが家の場合は、ずっと白色申告で夫がやっていましたが、結婚後に妻が税務署のセミナーで勉強して、青色申告へ切り替えました。帳簿付けも確定申告も自分でやっています。

夫の仕事仲間さんでも、確定申告には苦手意識が強い方が多くて、わが家のように自分で青色申告をしている人はいないです。

税理士さんの費用も節約できますし、帳簿付けをして確定申告をすると、経営状態もよく分かったりするので、自分でやってみる価値は十分にあると思っています。

スポンサーサイト

私が最初に使ったのは「やよいの青色申告」です

141030-1

私が最初に使った会計ソフトは「やよいの青色申告」です。政務所主催のセミナーで使っていたのがこのソフトでした。1代目のソフトは4年もバージョンアップせずに使っていました。

バージョンアップすれば、国税庁のe-tax(イータックス)にデータを流し込めるのですが、私はプリントアウトした書類をe-tax(イータックス)のページに手打ちで入力していました(笑)。数字をいれていくだけだから、1時間もかかりません。

昨年、パソコンが壊れまして(それも年末に!)、パソコンを買い換えることに。新しいパソコンにソフトをインストールしようとしたら、ソフトが対応していませんでした。しぶしぶ、ソフトも買換えです。

関連記事:H25年分確定申告はパソコンが壊れて入力やり直し【2014年青色申告】

今使っているのは2代目になりますが、消費税率が8%・10%とUPしていく時期にあったているため、毎年ソフトをバージョンアップさせなければなりません。やよいの青色申告にバージョンアップをサポートしてもらうため有料会員になる手続きしました(させられました・苦笑)

あんしん保守サポートの一番安いセルフプランで9720円です。ソフトを新しく買うのと同じくらいの価格なんですよね。バージョンUPせずにソフトを4年も使い続けた私にとっては、もったいない出費です。

やよいの青色申告は使い慣れていますし、何しろ大手のソフトですから、安心感はあります。私は楽天市場で安いものを探してソフトを購入しています。

スポンサーサイト

会計ソフトもクラウドの時代!場所を選ばず使えます。

パソコンが壊れたせいで、会計ソフトも買換えしたのですが、実はパソコンが壊れたときに入力したデータも消えてしまいました(涙)。壊れたのは年末で、1年分の帳簿付けが入力してあってもおかしくない時期です。

バックアップはいつも確定申告をした後に1年分をまとめてするぐらいで、毎月バックアップなんてことはしていなかった私。バックアップもまともにしていないのに、12月にパソコンが壊れたからさあ大変!

実は私、帳簿付けをサボっていまして、5月までしか入力していませんでした(苦笑)。6月に3番目を出産して、その後はずっとサボっていたの。だからデータが消えたのは5月までの5か月分だけ。不幸中の幸いですね。そう思ってあきらめました(笑)。

そのときに、パソコンが壊れる経験は何度かしているのに、しばらくするとバックアップをこまめに出来なくなってしまう自分の性格を反省しました。でもこれって、直らないかも(←オイオイ)

パソコンにインストールするソフトタイプではなくて、クラウドタイプなら、データが消えてなくなる心配はないなぁと思ったわけ。

私がいいなと思ったのはMFクラウド確定申告です(MFはマネーフォワードなの。聞いたことがありますよね)

141029-1

このクラウド会計をつかうにはインターネットに接続したパソコンが必要です。会計ソフトのホームページからログインして使います。入力したデータは自分のパソコンではなくて、ソフトの会社の管理に。プロが管理してくれるから安心です。ずぼらな私のようにバックアップを忘れたりは絶対にしないですから(笑)

自分のパソコンが壊れても、インターネットに接続できるパソコンがあれば、ログインできて作業ができますし、タブレットやスマホから閲覧することも出来ちゃいます。これって便利ですよ。わが家の場合は。

わが家は夫が主に使う仕事用のパソコン(事務所にあります)と私が使っているパソコン(リビングにあります)の2台です。やよいの青色申告は仕事用のパソコンにインストールしていました。だから帳簿付けをするときには、私は事務所スペースに移動しなければなりません。

確定申告の時期は真冬ですから、寒い事務所スペースに行くのは辛いのなんのって。だから、パソコンを買い換えしてノートパソコンになったときは、リビングで作業できて助かりました。でもプリンターは事務所だから、最後は事務所に行くのですが。

クラウド会計ソフトを使えば、私はリビングで自分のパソコンを使って作業できますし、プリンターを使いたいときは、事務所のパソコンを使えばいいわけ。

スマホを使って閲覧できれば、すき間時間に「わが社の財務状況はどうかしら?」と入力データを見直すこともできます。うん、これは是非夫にやってもらいたい!

MFクラウド確定申告の費用は?

MFクラウド確定申告には費用がかかるのですが、最初は無料で試せるのが魅力なんです。毎月の仕分けが15件以下ならば無料で大丈夫。小さな事業だったら無料の範囲で確定申告できるかも。

141029-11

わが家はこまごまと仕事をするから、月15件以上ですね。わが家の場合は、有料の月800円に申し込むことになりそう。経費もかかってくるから15件以内ですむ自営業って少ないだろうな。

でも、無料ならば、ためしに使ってみるのにはとてもいいですよね。ソフトを買ってしまってから、やっぱり自分には使いこなせなかったとか、別のタイプにすればよかっとか、そういう失敗をしなくてすみます。

もし使いつづけたい!と思ったら月800円のコースに申し込めばいいだけです。年払いすると8800円なので1ヶ月分がお得になります。この8800円って、やよいの青色申告の安心サポート(9720円)よりもチョット安いです。

いままでずっとやよいの青色申告を使ってきましたが、パソコンが壊れてデータが消えたり、サポートにお金がかかるようになったりしたので、クラウドタイプもよさそうだと思っています。

参考 MF(マネーフォワード)クラウド確定申告を無料で試しました!サポート体制が初心者におすすめ【自営業の青色申告】

スポンサーサイト